FC2ブログ

HT-1A 製作その1

夏休みの工作を始めました。
HT-1A
半完成品キットを選んだので、MIZUHOのP-7DXと似たような感じです。
コイルを巻いたりする手間があるので、P-7DXより難易度は1つ上でしょうか。
写真入りの組み立て説明書があるので、それを見ながら組み立てるのでさほど難しくはありません。

DSCN1049.jpg
チップ部品は既にハンダ付けされています。
まず、リレーを2個取り付けます。

DSCN1050.jpg
抵抗アレーを取り付けます。

DSCN1052.jpg

DSCN1053.jpg

DSCN1054.jpg

DSCN1055.jpg
ほとんどの部品を取り付けました。
コイルを巻き終えたところで、組み立てその1は終了です。




再免許審査終了

移動する局の再免許審査が終了しました。
画面はスマホ用の電子申請Liteです。
今回は3週間かかりました。前回は3日くらいだったのでずいぶんかかりましたね。
封筒はもう送ってあるので、早ければ明日か明後日に免許状が届くと思います。

Image-1.jpg

フィールドデーは常置場所から

腰が悪いので車中泊はパス。
朝早くから出かける元気もなかったので、FDは常置場所からの参加になりました。
7時過ぎにFT817の電源を入れて、まずは40mバンドから始めました。
2018FD.jpg
8時はFISTSのNETと朝食の時間。実質的には9時から12時の間で行ったコンテストでした。
結果は100局にわずかに届きませんでした。
この暑い中、野外運用をした皆さん、お疲れさまでしたl。

今月のカード

今月、初めてA1CLUBの記念カードを受け取りました。
QSLJuly2018.jpg

そろそろ私の記念カードも届き始めるころだと思います。
今年はA1CLUB20周年でもあり、私の開局40周年でもあります。
最近、コンテストでの交信は特別な場合以外はカードを発行していませんでした。
今年は2つのおめでたいことが重なったので、オール宮城コンテストとオール東北コンテストでもカードを発行することにします。
まだ届いていない方、もうしばらくお待ちください。

サイエンスデー

学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ 2018が東北大学川内キャンパスで開催されました。
JARL宮城県支部は今年も出展しました。 ここ

IMG_1362.jpg
工作教室はこれを作りました。
IMG_1363.jpg
光と音でモールス符号を出すマシンです。
中身はタイマーIC NE555で音を発生させる簡単な回路ですが、未来のオペレーターを育成する素晴らしいマシンです。

IMG_1361.jpg
工作中の様子です。

それから、このモールス通信練習マシンを使って、自分の打った符号をPCのモニターに出してみるということをやりました。
SD18Jul 003
20人以上が挑戦していきました。この中から立派なオペレーターが育つに違いありません。hi

今年も仙台高専の皆さんにお世話になりました。ありがとうございました。