FC2ブログ

1910kHzの電話

先日のパブコメの総務省の「考え方」にヒントがありました。

パブリックコメントの結果

以下、総務省の考え方
変更申請等は不要ですが、無線局事項書及び工事設計書 15 備考欄に「1.9MHz 帯での音声通信」の旨を記載して直接届出を行っていただく必要があります。
終わり

つまり、1.9MHz帯で3MAや4MAが(A1Aも!)指定されている場合は、データ通信の届出と同様に該当するすべての送信機で1.9MHz帯での音声通信が可能になるものと思われます。

ということで、お盆明けと思われる公示と同時に、1910kHz帯で電話による交信をすることができるようになるようです。
そして、「15 備考欄」に「1.9MHz 帯での音声通信」の旨を記載して遅滞なく届け出てくださいね。
あ、電信しかしないから関係ない?

どうせ電波の形式や周波数及び空中線電力等の記載事項をいじるのならば、ここは思い切って1アマは1CQみたいに指定して、1CQはアマチュアに許されている全ての電波形式、周波数、及び空中線電力としておけば良いのではないでしょうか。ついでに、移動する局は廃止して、但し書きに「常置場所以外からの運用は50W以下に限る」とかあれば1つの免許ですみます。1.2Gでやっているのだから、出来なくはないでしょう。

七ヶ宿町移動

IMG_2333.jpg
宮城県刈田郡七ヶ宿町へ移動運用してきました。
コンディションの悪い中、クラスターに載せてもらったおかげもあり、7MHzで39局と交信することができました。
帰りは国道113号線二井宿峠を通って山形へ抜けて、蔵王エコーラインを通って戻ってきました。
今日は蔵王の山頂でも26度あり、びっくりしました。

公布が先か申請許可が先か

アマチュア局において使用する電波の型式を表示する記号を定める件(平成21年総務省告示第127号)の一部を改正する告示案(長い!)の意見募集が締め切られてから2ヶ月以上経ちました。
475.5kHzはともかく、1910kHz帯にSSBでオンエアしたいと、ウズウズしている人もいるのではないでしょうか。
私はAMでオンエアしてみたいです。

開局したときにはHFはSSBでしたが、6mはTR-1300とIC-502が発売されたばかりで、まだまだAMがメジャーなモードでした。
今は廃刊になった「ラジオの製作」に1万円開局計画が載り、中学生だった私は6mに出たい一心でクリスタルコンバーターと出力0.5Wくらいの送信機を作りました。今に至っても、当時より理論も技術も進歩しておらず、相変わらず中学生と似たようなことをやっているのは致し方ないのかなと諦めております。

自分のことはさておき、問題は「電波の形式3MAに電話を入れちゃうという公布が先か、3MAにA3Eなどを含めて変更申請した方が先か」でしょう。これから変更申請をするのであれば、圧倒的に公布の方が先になるでしょう。意見募集が締め切られてから2ヶ月経つので、いつ公布されてもおかしくないのです。早いものでは6月29日に締め切られたパブコメの案件が、公布されているからです。

ですから、1.9MHz帯にAM(SSBもですが)でオンエアしたい方で技適番号を取り直したリグをお持ちの方は、変更申請しないで公布されるのを待ちましょう。
でも、1.9MHz帯の拡大および電波型式追加に伴う同一番号認証取得について発表しているのは八重洲無線とICOMだけで、
八重洲無線はここをクリック
私が免許を受けているのはこの中でFT-991AMだけです。FT-450DMはJE7ZFEで免許を受けているので、東北A1CLUBでも1.9MHz帯で電話による交信ができるようになりますね。
ICOMはここをクリック
KENWOODは見つかりませんでした。まだないのかな?KENWOODさん、出来ればTS890は1.9MHz帯の電話がOKになるようにしてください。



宮城県支部ハムの集い中止

9月13日(日)に予定していました「宮城県支部ハムの集い」と
10月18日(日)に予定していました「アマチュア無線何でも相談室」は
コロナ感染防止のために中止いたします。

ARRL DX CW 結果

5W出力でNDと交信でき、WAS完成まで後1つになるなど、収穫の多いARRL DX CWでした。
結果も過去最高順位となりました。

2020ARRLDXCWQRP.jpg