fc2ブログ

今度こそRIと交信!

昨夜のSSNは96。K値が0という絶好のコンディションでは運用しない方がおかしいというもの。
その割には、15mでキプロスの5B4AJCに続いて、20年ぶりとなるマルタ共和国の9H1XTと交信して満足してしまいました。

フレアが発生しているようなので、コンディションが良いのは今日の午前中くらいでしょうから、起きてすぐにリグのスイッチを入れました。
7エリアのアクティブなSukeさんがWの東海岸局と交信しているのが聞こえましたが、相手がS1くらいで弱いのです。
それでも交信の可能性はあるわけでして、こういうときにはCQを出すのが一番ということでCQを出したらK1TLが呼んできました。
S5~7位の信号で、強いとは言えませんがコピーするには十分です。そして、QTHはなんとRIでした。
WASを意識してきたのはアワードのゴールが近くになったここ数年ですが、ロードアイランド州からの信号はほとんど聞いて事がなく、SKDを組むつもりもなかったので、なかなか交信する機会がありませんでした。交信できるときはあっけないものです。

Wと初めて交信したのは1978年のことですから、それから40年以上かけてWAS (Worked All States) CWが完成しました。
このコンディションに感謝です。

強制バラン

DSCN1551.jpg
VCH用に使っていた強制バランを1:9に手直しして、動作を確認しました。
470オームの抵抗をアンテナとアース端子に接続してこのSWRです。21MHzくらいまでは十分使えそうです。28MHzでもアマチュアだから大丈夫かな?

IMG_2715_1.jpg
このバランを使って、釣り竿アンテナがどうなるか寒河江市で試してみました。

IMG_2714_1.jpg
10~18MHzと28MHzはリグ内蔵ATUでマッチングがとれました。
ローバンドがだめなのは、アースの問題がありそうです。
10MHz帯で運用してみましたが、今日は多くの局がS9で入感していました。弱い局でもS5~7でしたから、モービルホイップよりも断然良いです。長さ2mのモービルホイップと比べては気の毒ですが、これで7MHzが使えれば大変使い勝手があるアンテナになりそうです。

フロート・バラン(コモンモード・チョーク)

全市全郡コンテストに飽きたので、手元にあったコモンモード・チョークをフロート・バランに流用しました。
コモンモードフィルターに陸式ターミナルをつけて、ワイヤーとアースを接続できるようにしたものです。
フィルター本体は、FT114-43に1.5D-2VをW1JR巻きで14ターンしています。
DSCN1547.jpg

IMG_2670[1]
前回使ったこの2:3の強制バランの代わりに、フロート・バランを使いました。
これを使って釣り竿アンテナのマッチングがとれるようにセットしたのですが、10MHz帯しかマッチングが取れません。
今回はアースを容量結合だけではなく、7mくらいのラジアル1本も張ってみました。前回の強制バランの時よりも10MHz帯のマッチングはほんの少し良いようですが、それくらいの効果しかありませんでした。
次回は、2:3の強制バランの接続を変更して、1:4の強制バランにして実験してみましょう。

KCJ 結果発表

今年の結果が発表されました。

2021KCJresult.jpg

シングルオペ マルチバンド部門で54位。
300局の参加で54位だから、コンステターにはできすぎです。
偶然にも宮城県1位になったので、賞状がいただけるようです。
関係者の皆様、お世話様でした。
全体の結果はここをクリック

虫の知らせか

シャックで使っているコモンモードフィルターを改造して、移動運用で使うワイヤーアンテナに付けるフロートバランにするための部品を買うために、仙台市富沢の梅澤電機へ久しぶりに行ってきました。
定時退勤で速攻で行ったら、閉店前にお店に到着できました。

必要な部品は陸式ターミナルくらいでしたので、プラスαの買い物をしても数百円ですみます。
レジへ部品を持って行くと、そこにはポイントカード廃止のお知らせが。
もう、3ヶ月前には新たなポイントは発行しておらず、今までたまったポイントを使う期限が今日になっていました。
たまったポイントで1500円くらい買えるそうなので、必要な部品の他に、バネ作用で部品をつかむ自閉型の逆作用ピンセットやトロイダルコアなどを買い足しました。
いや~今日お店へ行って良かったです。10円玉2個で良いものが買えました。それにしても、ポイントカード廃止は致し方ないのかな。