FC2ブログ

アイソレーターが修理から戻ってきたけれど

車のサブバッテリーを充電するために使っている大橋産業のアイソレーターは、昇圧回路があるためにバッテリーをフル充電できる優れものです。しかし、私の購入したものは昇圧回路が働いているとピーピーピーという音がします。それで、メーカーに送って修理をお願いしたのですが、症状が再現できず、アイソレーター本体と、念のために基板を交換したという連絡の手紙が入ってました。

早速試してみたのですが、上の動画と同様にピーピー音が出ています。
メーカーの担当者と電話で話してみたのですが、微かに音が出ることはあるが、ケースに耳を近づけてやっとわかるくらいの大きさだそうです。これだけ音が大きいのは例がなく、入力か出力の電圧の変動が大きすぎるのではないかという話でした。
それで、車からのケーブルを入力から外し、その代わりに12Vの安定化電源をつないだのですが、それでも音はやみません。
次は、アイソレーターを車から外して、机上で入力に安定化電源をつなぎ、出力に今まで使ってきたサブバッテリーではなく、別のバッテリーをつないでみようと思います。

2018 JIDX CW

結果が出ました。
ここをクリック
14MHzLowPowerで6位でした。

それにしても、結果発表が遅すぎます。
せめて1年以内に発表してほしいです。1年半後の発表では、自分が参加したことさえ忘れてしまいます。

リモートコントロール

専用ソフトARCP-890を利用して、TS890をリモートコントロールする変更届の審査が終了となりました。
これで、家中どこからでもTS890で交信することができます。バンドスコープも使えるのは驚きです。
ホストPCレスでリモート運用を実現する、ダイレクトリモートコントロール機能がただで使えるとは有難いことです。

FT991AM 審査終了

ここ数年、東北総通の免許処理が遅くなってきました。
この夏はとうとう4週間です。FT991AMの増設に4週間というのは、随分時間がかかっていますね。
まあ、技適機種なので買ったらすぐに使えるのでいいのですが。

KCJコンテスト

コンステターなので、マイペースで参加しました。

KCJQSOgulafu.jpg

Esがオープンして、ハイバンドのコンディションが良かったです。6mでも数局交信できました。
21MHzではもう少しで100局と交信できるところでした。楽しかったですね。
リグはFT817とTS890を使いました。ハイバンドに出るときは、バンドスコープがあるTS890が便利でした。
QRPということもあり、3.5MHzでは数局と交信しただけです。1.9MHzでは呼べど叫べど交信できませんでした。
ATUを使ったLW(ショートワイヤー?)が課題ですが、まあいいでしょう。

DSCN1335.jpg