fc2ブログ

免許制度が変わる?

ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線の活用等に係る制度改正案が発表されました。
「ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線の活用に関する提言」(令和4年8月)に基づきとありますが、それ以前に内閣府が主催する規制改革推進会議の一つ「経済活性化ワーキング・グループ」第4回の会議でアマチュア無線免許手続が議題に上がりました。そこらあたりからでしょう。ちょうど1年前のことです。このあたりのことは私のブログ(2021年12月19日)に書きました。ここをクリック

総務省の移動通信課長はやや気が乗らない受け答えをしていますが、概ねワーキンググループの提言に沿った改正案になりましたね。
1つ目は、落合専門委員が言ったように、免許制度の骨子は変えずに、従事者免許と無線局の免許、この2つの免許申請を同時に提出することを可能とすることで申請者の利便性を図る。
2つ目は、無線従事者免許により自動的に指定可能な全ての電波の型式、周波数及び空中線電力が免許されることと、(今でもそうですが)技適機種は遅滞なく届け出ること、この合わせ技で技適機種に限って言えば、購入したらその場で使えるようになるのです。つまり、日本版なんちゃって包括免許の実現です。

1つ目の同時申請可能は、これからアマチュア無線を始めようとする人にとって朗報でしょう。また「アマチュア無線有資格者であれば誰でも、無資格者に体験運用の実施が可能」というのも、興味のある人にアマチュア無線をアプローチする有効な手段になります。
2つ目の日本版なんちゃって包括免許は、法律を変えない範囲で免許制度を変えるとすると、このあたりを落とし所にして欲しいと考えていました。大きな前進だと思います。次の次の改正では、自作の送信機も届け出だけで済むようにして欲しいと意見を出したいと思います。

文句があるとしたら、CW専用バンドが削られたことです。少なくとも7MHzは7.040MHzまではCW専用バンドにして欲しい。7.033MHzにSSBが出てきたら、CWは使い物になりません。コンテストでは混信が復活です。

ベルトの交換

クランクアップタワーを上げ下げするのにモーターを使いますが、モーターの回転を伝えるのにベルトを使っています。ここ半年のことですが、たまにベルトが滑ってタワーを上げ下げすることができないことがありました。いよいよ交換の時期が来たようです。1泊の人間ドックから帰ってきたのが昼過ぎだったので、天気もいいし時間もあるし、思い切って交換することにしました。

まずはベルトのカバーを外しましたが、12年ぶりに自分でやったのでやり方をすっかり忘れてしましました。矢印のナットを回して、ボルトを外さなければならないのです。
IMG_3228.jpg

カバーを外すとベルトが見えました。所々痛んでいますし、たくさんのひびが入っています。
IMG_3229.jpg

ベルトを外した状態です。
そして、DIYのお店ですでに購入済みのA-45のベルトを取り付けます。
IMG_3231.jpg

これば外したベルトです。ずいぶん痛んでいますね。2013年にFTIで総合メンテナンスをやってもらった以来でしょうから、9年間使ったことになります。耐久性能が高いベルトではなかったのに、たくさん働いてくれてありがとう。

IMG_3233.jpg

早起きは三文の得

いつもなら二度寝するところなのですが、今朝は5時過ぎに起きたら眠れなくなったので、シャックへ行って無線機のスイッチを入れました。

40mCWでは、5時半ころセルビアの局が579で入感していたので、コールすると応答があり、559のレポートをもらいました。
ダイヤルを回して少し下の方を聞くと、7010kHzでMalta 9H1XTがCQを出していました。この局とは21CWで交信しているのですが、NOT IN THE LOGらしくてQSLは来ていません。Maltaは21CWで9H1ZAをCFMしています。できれば40mCWでも交信したいので、4,5回呼んだら応答がありました。交信したときはQSBの谷間だとノイズに沈んでしまうような信号でしたが、日の出が近くなるにつれて強くなっていきました。グレーラインパスなのでしょうか。ありがたいことです。

QRPコンテスト賞状

2021QRPコンテスト賞
2021年QRPコンテストの賞状をいただきました。今流行のPDFです。
2位とは3ポイント1マルチの差で、かろうじて1位になった感じです。
今年は新しいリグで参加しようとしたのですが、組み立て終了したキットが動かず、トラブルシューティング中です。このままだと、お蔵入りしかねません。2022年QRPコンテストは来月に行われるので、完成させて保証をとるのは無理ですね。
K2は性能が良すぎるので、K1で参加するか、RXにR-4Cを使い、TXに自作の送信機を使って参加するか考慮中です。

全市全郡はQRPで

今年はIC-705、KN990AとK2で参加。つまり、QRPのカテゴリーで参加しました。
2022ACAGic705.jpg

土曜日は160mに出ている局が思ったよりも少なく、こちらから呼んでも応答はありませんでした。というよりも、ロングワイヤーにATUだと出力が熱に変わる率が高くて、電波が相手まで届かなかったようです。今年の交信数は3局でした。昨年は7局だったので、少し残念です。

その代わり、稼ぎ頭次点になったのが80mバンド。1局差ではありますが、Eスポで賑やかだった20mを上回りました。夕方から夜にかけては、40mよりも多くの局が出ている時間帯がありました。

メインは40m。交信局数の8割が呼び回りでした。キーヤーのメモリーにコールサインとコンテストナンバーを入れておき、ボタンをポチッと押すだけです。でも、呼び回りの気楽さで、相手がバグキーでCQを出していれば私もバグキーに切り替えて応答するし、知り合いの局がメッセージを打ってくればパドルをたたいて対応するような楽しみがあります。まあ、これぞコンステターですね。時々Pのナンバーを送ってくるご同業の局がいましたが、その電波はどことなく儚げで、自分の電波もこのように相手に聞こえているのだなと思いました。弱い信号をピックアップしていただき、ありがとうございました。QRPの運用が成り立つのは、弱い信号をピックアップしてくれる相手がいて初めて成り立つモノです。たまに、FB QRP GLなどと打たれると、本当に頭が下がる思いです。

今年の交信数は第3位になりましたが、20mもなかなか賑わっていました。日曜日の朝からオープンしていて、次から次へと交信できた感じです。時々15mにQSYして、強い局と交信していきました。

特筆するならば10mで2局と交信できたことでしょうか。1局は仙台のOMさんなので交信できて当たり前ですが、もう1局は沖縄です。屋根より低いアンテナで交信できたのが11時半頃、Esオープンのおかげでしょう。10mで交信できましたが、昨年3局と交信できた2mは0局に終わりました。
2022ACAGqso.jpg

今年の全市全郡コンテストはEsオープンのために、各局のスコアは結構伸びたのではないでしょうか。私も200局を超えたので満足しています。