FC2ブログ

春真っ盛り

地上はコロナの渦ですが、天上はグッドコンディションです(そこそこかも)。
昨日はFISTSのNETの直前に14CWでGのアマチュア局と交信。今日はFのMikeと交信。どちらも1700JST前後です。
そして、先ほど7CWでXR8RRCと交信しました。
RRC expedition to Wellington island, SA-032 ペデイションなんですね。

次の三連休は天気が良さそうなので、どこぞへ出かけて新しいアンテナを試してみたいです。
DSCN1367.jpg

本当は1.9MHzに出たいのですが、延長コイルが人気商品らしくて品切れになってしまいました。
とりあえず、これで運用してみたいと思います。

ロングワイヤーアンテナ補修

先日の強風で切れたワイヤーアンテナを補修しました。

DSCN1362.jpg

アンテナチューナーの端子のところからぷっつり切れていました。

DSCN1364.jpg
切れたワイヤーは庭木に引っかかっています。
それを木から外して圧着端子を付けて、アンテナチューナーにつないで終了。

DSCN1366.jpg

ビームアンテナとロングワイヤーの差は
14MHz LW  4エレ八木 16:00JSTころ Uゾーンのコンテスト?
UA0  439  589
UA4  339  579
UC5  339  599

7MHz   LW  HB9CV  16:00JSTころ
1エリア  579  599
4エリア  579  599+10dB (JE4YOG)
W西海岸 559  599

7MHzの国内であれば十分使い物になると思いますが、DXには少々厳しいかもしれません。
相手の耳頼みですね。
でも、1.9MHzからどのバンドも出られるので、ロングワイヤーアンテナはとても重宝しています。
今晩はJA0コンテストがあるので、3.5MHzでお目にかかりましょう。



TS890 ファームウェア アップデート

TS-890S/D のファームウェアが、Ver.1.03にアップデートされました。
USBメモリー(またはUSBケーブルで接続したPC)を使用して、TS-890S/D のファームウェアをアップデートすることができます。

● 今回のアップデート内容
・ Ver.1.02→Ver.1.03 (2020年3月12日)
1. 送信モニターの最小音量を低減。
2. 270Hzルーフィングフィルター(オプション)使用時の、CWフルブレークイン運用での送受信切り替えノイズを低減。
3. WSJT-X (データ通信用ソフトウェア)で Fake It 機能が正しく動作しない場合がある不具合を修正。

私としては1と2が嬉しいですが、2の切り替えノイズはそんなにあったかな?という認識でした。
リグとPCはUSBケーブルで常に接続されており、簡単にアップデートすることができました。

A1 CLUB 非常通信訓練 第10回感度テスト

明日、3月11日を迎えます。
A1クラブではA1 CLUB 非常通信訓練 第10回感度テストを土曜日に行いました。
私は震災の翌日のOAMにチェックインして、自分と家族の無事を、当時のコントローラーだったJA3AVO中出さんに伝えることができました。停電していましたが、幸いタワーは無事だったので、エレクラフトのK1というQRPのCWトランシーバーにニッカド電池をつないで、ヒョロヒョロ電波を出すことができたのです。
今回も当時を再現するつもりだったのですが、ぎっくり腰をやってしまい、車のトランクにあったニッカド電池を取りに行くことができず、やむなくFT817と震災後に手に入れたバッテリーで参加しました。

DSCN1361.jpg

JE7ZFEと交信したかったのですが、ピークで339と弱かったので諦めました。残念です。
車とモービルホイップと50Wリグという組み合わせもなかなか現実的なので、次回は移動運用してみようかと思います。

使用リグ:FT817
出力:5W
電源:ニッケル水素電池
アンテナ:15mh HB9CV
QTH:宮城県名取市
交信局:JH9YYS/9

200Wリニアアンプを使ってみました

Wのラグチューはかなり上の方で聞こえます。
今日はリニアアンプを使うつもりで、最初はKX3単体でCQをたたいていました。しかし、8W出力だとRBNになかなか載りません。応答もありませんから、当初の予定通りアンプのスイッチを入れて200WでCQを出すとテキサスのW2OZBから応答がありました。
SKCCwithW2OZB.jpg

一番強い局で35dBというレポートなので、コンディションはいい方なのかもしれません。

DSCN1360.jpg

リニアアンプの音よりも電源の音の方がうるさいのですが、ヘッドホンをすれば問題なしです。