サイエンスデー

学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ 2018が東北大学川内キャンパスで開催されました。
JARL宮城県支部は今年も出展しました。 ここ

IMG_1362.jpg
工作教室はこれを作りました。
IMG_1363.jpg
光と音でモールス符号を出すマシンです。
中身はタイマーIC NE555で音を発生させる簡単な回路ですが、未来のオペレーターを育成する素晴らしいマシンです。

IMG_1361.jpg
工作中の様子です。

それから、このモールス通信練習マシンを使って、自分の打った符号をPCのモニターに出してみるということをやりました。
SD18Jul 003
20人以上が挑戦していきました。この中から立派なオペレーターが育つに違いありません。hi

今年も仙台高専の皆さんにお世話になりました。ありがとうございました。




6mと東北南部の梅雨明け

IC502Es0714.jpg
10mで3局と交信した後、このコンディションであれば6mもオープンしているだろうと思い、整備したIC502のスイッチを入れてみました。
聞こえる、聞こえる。6mが大オープンです。
1エリアの局には振られてしまいましたが、0エリアの局と交信できました。
それから、3,4エリアの各局と交信できました。
IC502は同調がクリチカルですし、QRHが結構あるのでCWの運用は難しいのですが、EスポがオープンしているときのショートQSOには問題ありませんでした。
中学生時代に使っていたリグでも、整備すれば使えるのでうれしいですね。
VFOでシングルコンバージョンの音は美しく聞こえます。

東北南部が梅雨明けで、仙台市の最高気温が34度になりそうです。

KH1/KH7Z  滑り込みセーフ

ペディション終了間際に40mCWで交信できました。
KH1_KH7Z0707.jpg
この時期は仕事が立て込んでいるのと、今年はサッカーがあったので今一つペディションに集中できませんでした。
それでも、何とか終了時間直前に本命の40mCWで交信することができました。

サッカー日本代表のおかげで15分ほどいい夢を見させてもらいました。
ありがとう。

KH1/KH7Z 初日出る

土曜日はお仕事デーだったので、今朝狙っていました。
6時前に14MHzCWで強く入感していました。
10分くらい呼んだでしょうか、何とか交信できました。
そのあと14SSBで呼びましたら、あっけなく3コールで交信できました。CWで交信が終わってからわずか7分後にSSBで交信できるとは思いませんでした。
ビッグガンの皆さんは、もれなく交信したからなのでしょうか。
KH1_KH7Z0701.jpg

オールアジア コンテスト

14MHzバンドに少しだけ参加しました。

2018AACW.jpg

夜中の一番おいしい時間帯は寝ていました。
正午前後を除いて、NAとEUが同時にオープンしていることが多かったように感じます。それで、ビームをNAに向けてCQを出すとEUから呼ばれ、それではとEUに向けるとNAから呼ばれるなどというようなことが時々ありました。
短時間の運用でコンステターの面目躍如というところですが、かろうじてホスト国の役目は果たせたかなと思います。