FC2ブログ

昨年を振り返ると

A1AA2017.jpg
昨年は自宅での交信が2000局、移動運用で400局でした。
移動運用と若干重複していますが、コンテストで交信したのが1400局ほどですから、普通の交信は600局くらいでしょうか。
頑張ったなと思うのは運用日数でが157日あったことです。一年の半分近く、オンエアしていることになります。仕事が忙しい時期もありましたから、我ながらよくやったと思います。
嬉しいことは、久しぶりにUHFでCWの交信ができたことです。
A1CC2017.jpg
今までなかった2m、430CWでA1CLUBメンバーと交信できました。これはフィールドデーコンテストに1エリアの八溝山から運用したことが大きいです。1,2,3エリアの方がうらやましいのですが、7エリアではV/UのCWはほとんど聞こえません。

昨年の運用で特筆すべきことは2つあります。
1つはJT65やFT8などのデジタルモードを始めたことです。まだ、とりあえずやってみたというレベルです。以前、PSK31やSSTV,RTTYなどに手を染めましたが、RTTYだけはかろうじてたまに運用するくらいで、ほかのモードは全く運用していませんから、今度もどうなるかわかりませんが、やってみなければ楽しさはわからないので、食わず嫌いは避けたいと思っています。
2つ目は宮古島から運用したことです。南の島からの運用は、本州と違うコンディションが面白かったです。今年もまた、南の島で運用したいですね。

宮古島移動

今年一年を振り返る前に、宮古島へ行ってきたことを報告します。
うちの子供が小学生の時に沖縄へ行き、シュノーケリングをやったのがとても楽しかったそうなので、次の年には少し足を延ばして宮古島へ行くことにしました。ところが、SARS注意報が出たので万が一を考えて宮古島旅行を取りやめてしまいました。その時果たせなかった旅行を実行したというわけです。もっとも、当時小学生だった子供たちは成人して、それぞれに予定があったので夫婦で旅行となりました。

宮古島ビーチ
島のレンタカー屋さん曰く、年末年始は観光客が一番少ない時だそうで、ビーチも人が少なくていい感じでした。

平安名崎灯台
平安名埼(へんなさき)灯台はまだまだ現役ですが、灯台の近くにある旧ロラン局はGPS補完局の役目も間もなく終わり、完全にQRTするようです。
ロラン

グラスボート
年末でも気温が21度、水温が20度くらいあるので寒いけれど泳いでいる人はいました。でも、私たちはそんな元気はないので、船底がガラスになっている船に乗って海に潜ったつもりになることにしました。

グラスボート船底1
ちょうど満潮の時刻に乗ったので、普段は行くことができないサンゴ礁の真上に行くことができ、素晴らしい景色を堪能しました。色鮮やかで小さくてかわいいクマノミを見ることもできました。

かみさんが植物園、三線の体験教室に参加している間、無線の運用を楽しむことができました。
KX3.jpg
用意したものはKX3、リチウムポリマー電池、マグネット基台とモービルホイップです。
最初は10MHzでスタートしたのですが、3エリアの局が弱く聞こえるだけだったので、すぐに7MHzのヘリカルホイップに取り換えてCQを出したところ、いつもお世話になっているお馴染みの局から呼ばれて交信することができました。ところが、3局と交信した後はピタリと交信できなくなりました。こちらの電波はかろうじて相手に届いているようなので、少しでもQSBがあると交信するのは無理のようです。

宮古島漁港運用
三線の体験場所へ移動するので運用場所も変更して、北が開けている小さな漁港で運用しました。
ロケーションが抜群だったこともあり、ここではたくさんの信号が聞こえました。CQを出すと次から次へと呼ばれて、1時間ちょっとの運用で40局と交信をすることができました。コンディションのアップダウンが激しくて、送信から受信に移ると相手局が聞こえないということがしばしばあり、こちらの弱い電波を受信している局に苦労をかけたと思います。それから、ワッチしていただいたのに、こちらの信号が弱くて交信に至らなかった方には申し訳ありませんでした。次回の移動運用は少しでも強い電波を飛ばせるようにしたいです。

久しぶりにP-7DX

久しぶりにP-7DXでCQを出しました。
DSCN0927.jpg
せっかくなのでKeyは縦振れにしました。A1CLUBのKeyです。少しガタが出てきて、打ちづらいところもありましたが、QRPのお馴染みさんが呼んできてくれました。相手は3Wで579くらいの強さで入感していました。
その後、0エリアの局が呼んできてくれました。ファイナルが6360の真空管の送信機だそうです。4Wの信号が579で入感していました。こちらがP-7DX 0.6Wだと打電すると、0.4Wに出力を下げてきました。それでも439で入感していましたから、コンディションは復活してきたようです。

3C1L

3CのDXペディションは交信することなく終わるのかとあきらめていたら、終了間際に40mCWで交信することができました。
今朝の8時前でした。
もう、ペディションは終わったでしょうね。交信ありがとうございました。

3C1L

今朝、初めて40mCWで呼んでみました。
自宅は山の頂上近くですが、西の方向に頂上があり、アフリカは最も苦手とする地域です。
0700JSTではショートパスでS5,ロングパスでS2くらいで入感していました。それから、北極回りのパスがありS1くらいで3C1Lが聞こえていました。
30分くらい呼んだのですが、コールバックの気配がないし、信号が落ちてきたのでリグのスイッチを切って朝食にしました。

8J7HAM運用

金、土、日と名取の3局で運用しました。
私は金曜日の夜から土曜日の夕方にかけて運用しました。
金曜夜は14MHzでコンディションが上がってくるかなと感じた頃に、急にコンディションが落ちてしまい、ロシアのアマチュア数局と交信したくらいです。翌朝からは7MHzを中心に運用して、休憩を取りながら断続的に運用して夕方までに200局と交信することが出来ました。

来週の土曜日も8J7HAMを運用する予定です。
古いDSP(IC-756)のリグを使っているので、ゼロインで一斉に呼ばれると符号として復調できません。+-100Hzくらいずれてもらえると有り難いです。
DSCN0857.jpg

伊達市移動

前回、体調不良のために速攻で帰ってきた伊達市移動のリベンジです。
Date20170813.jpg

前回は阿武隈川を渡ったのですが、昨日は阿武隈川の西岸で運用しました。
正午から運用を始めましたが、コンディションはだんだん悪くなっていきました。それでも、10MHz1時間の運用で40局ほどと交信できました。
近くにお墓があるのですが、ちょうどお盆の時期なので、線香の匂いの中での運用となりました。我が家はこれからお墓参りです。
帰りは4号線を北上せずに、阿武隈川沿いを走って帰りました。
Date_2.jpg
APRSは144.64MHz9600bpsの方です。丸森から拾っていますね。

GとQRPで交信

そろそろ秋の気配が忍び寄ってきたのか、昨夜は14MHzでイギリスのJohnと交信できました。
彼とは3回目の交信になります。もらったリポートは529。こちらからは579を送りました。
こちらの出力は5Wでアンテナは4エレHB9CV。Johnは400Wで3エレ八木です。
S2ではQSBの谷間でコピー出来なくなるので、こちらはQRPであることを打電してファイナルを送るつもりでした。しかし、Johnは「QRPでチャレンジしているんだ。すごいことだ。」と打電してきました。すごいのはこちらのQRPの信号をコピーしているJohnの方だと思います。
2局間の距離は9000kmを軽く超えています。飛びますね!

QRP遠距離QSO 

今月はCWモードによるQRP遠距離QSOを楽しもうということなので、初日にどのリグを使うか迷ったあげく、KX3にその役を任せることにしました。

初日にあっさり0.1Wで6エリアの局と交信できました。7MHzです。18MHzでは4エリアの局と0.5Wで交信できました。インドネシアの局とは5WにQROしたのですが、何度も何度もコールサインを打電して、何とかコピーしてもらえました。

一番難しかったのは1エリアのJG1BGTさんとの交信でした。CQに応答したのですが、応答した後コンディションが落ちてしまい、レポートがなかなかコピー出来ませんでした。今日の中では、一番距離が短いのですが、交信しやすさは必ずしも距離には関係しないところが面白いところです。