NYPステッカー

DSCN0725.jpg
昨日届きました。
あと5枚か~

CQに応答あり

昨日は鳥栖のOMと交信できましたが、今日はスウェーデンの局から応答がありました。
ビームは北極あたりに向けてあります。
交信した局がクラスターにアップしてくれたようですが、その後の応答はありませんでした。
DXCLUSTER20170104.jpg

今日、EUから応答があったのは信号強度が上がったからです。RBNを見てみると
RBN20170104.jpg
昨日よりも17dBも信号強度が上がっているので、スウェーデンから応答があったのでしょう。
北米にはあまり強いパスがないようです。

正月休みの最終日は、年末にできなかった風呂掃除の片手間に、オール兵庫コンテストに参加して終わりました。
さて、3時間以上かけてピカピカにしたお風呂に入ってきますか。

このコンディションは

冬至の前後?夕方に北極方向からEUへのパスがあります。
CONDX20170103.jpg
(RBN 1730JST頃)
その日によってなのか、あるいは時間によってなのか電波が来る方向が多少変わりますが、
純粋なショートパスではないのです。
聞こえてくる局はフィンランドやスウェーデン、あるいはイギリスなどのわりと緯度の高い地域です。
Grayline20170103.jpg
ちょうど、グレイライン上のパスなのでしょう。
残念ながらEUからの応答はありませんでしたが、鳥栖のお馴染みさんから声がかかりました。
年末に横浜でお会いした時のことや、年賀状の御礼を打電しているうちにフェードアウト。
いつものことなのですが、フェードアウトするまでの時間との闘いになります。
年賀状よりも速く年始の挨拶をすることができました。さすがは無線ですね。

今年の運用

数日で今年が終わるので、今年の運用についてのまとめです。
A1aa20161211.jpg
これは12月11日までのデータですが、運用日数が150日なので、ほぼ2日に1日の運用になります。仕事をしながらよくやりました。
2000局と交信して、そのうち1500局がコンテストです。コンテストが好きなんですね。長時間は疲れるので嫌ですが。QRPでも結構交信していますが、半分以上がコンテストです。移動運用はめっきり少なくなりましたが、これからも続けていきたいです。
Log20161228.jpg
バンド別に見てみると、圧倒的に40mが多いです。DXもJAもOKなバンドなので、楽しいバンドです。大健闘なのは17m。Eスポがオープンする季節はまず17mを聞きました。それから6mに上がることが多かったでしょうか。それから、80mは今後増えていくかもしれません。冬場は国内のコンディションが安定していますから、のんびり交信するには良いかもしれません。12,10,6mは交信数が少ないのでもう少し挑戦してみたいところです。

AYU-40とSR-7

SR7AYU1211.jpg
久しぶりにAYU40とSR-7の組み合わせで交信しました。
AYU40は7003kHz0.2W出力です。
FISTSのNETの時間(0800JST)はコンディションが不安定でしたが、10時半頃にはもう安定していて、0,1エリアの4局と交信できました。そのうちQRP局は1局でした。
周波数が直読できるというのは有り難いですね。もっとも、AYUは周波数固定なのでキャリブレーションをとればいい話ですが。

冬の夜 40mバンド

冬はノイズが少なくなり、シーンとなった40mの上の方7050kHzあたりでもWの交信が聞こえます。
昨夜はカナダの局が縦振れでのんびりCQを出していたので、呼んでみました。
案の定SKCCメンバーJayさんでした。

先月交信した同じSKCCメンバーのSteveからはSASEが送られてきました。
彼は5Wの電波をDPでカルフォルニアから送り込んできていました。
この時期、QRPとシンプルアンテナの信号もしっかり飛んできます。
冬至が近い、真冬のコンディションです。

今月のカード

DSCN0668.jpg
JARLから50枚近く北QSLカードのうち、15枚がW1AWでした。
RIとNDをチェックしておいて、まじめに交信しておけばよかったというのは後の祭りです。

S9YYとの交信確認

Club Logで交信が確認できました。
S9YY.jpg
これで1UPです。

この時間、14と18でヨーロッパが入感しています。
聞こえる局数は少ないし、信号も弱いので、あまり良いコンディションではないようです。

強かったS9YY

うちからアフリカ方面はシャックのある高舘山の山頂がある方向なので、どうしても飛び、聞こえとも悪いのです。
そのため、アフリカといえば太平洋にアンテナを向けて、ロングパスの力を借りることが多いのです。
しかし、今朝は7MHzCWでS9YYが正真正銘S9で入感していました。しかもショートパスです。
IC7300の画面を見ながらコールすること20分、S9YYのオペレーターのピックアップの癖を見て、アップ3.3kHzでコールすることでピックアップされました。
あとは、オンラインログで確認できればOKなのですが。