VK4KAO

ついにSt.KittsのV44KAOからQSLカードが届きました。
V44KAO.jpg
QSLは発行しないと聞いていたので、ダイレクトでQSLを送ったものの返信は諦めていました。
V44KAIをLoTWでCFMしているので、あまり気にしていませんでしたが、とうとうカリブの島からカードが届きました。
紙QSLはコンファームを実感できるのでいいものですね。

この交信はハイバンドの交信なので、Sメーターがはっきり振れるような信号で入感してきました。
しかし、ローバンドのカリブの信号はSメーターが振れるか振れないような場合も多いです。
ノイズの海に浮かんでは沈み、沈んでは浮かんでくるあの信号を聞くと、なぜかわからないのですが血が騒ぎます。
異次元から伝わってくるような雰囲気といいますか、別の世界から漏れてくるような感じを受けます。

これに似た感じがするのは、2WAY QRPの時です。
たとえ交信相手がJAでも、相手の出力が100mW位だと7MHzでは結構QSBを感じます。10Wや100Wでは全く問題なく交信できるのですが、mWの単位になると電離層を意識するようになります。これが、いいんですね。
この感覚は中学生の時に流行ったBCLで培った感覚だと思いますが、おそらく私のDNAがそう感じさせているのでしょう。

ですから、この感覚を他人様に強要するつもりはさらさらありません。
蓼食う虫も好き好きといいますが、好きになるポイントは人それぞれです。
趣味なんだから、(法令の範囲内で)自分の好きなことをやればいいと思います。

A1クラブ600回記念OAMのQSL

先ほどメール便でJARL BUROへ送りました。
記念OAMで交信した各局、もうしばらくお待ちください。
600QSL.jpg
最近は、どのくらいの時間で届くのでしょうね。

3月のQSL

今月、ダイレクトで届いたカードです。
QSL0315.jpg

WA5OBVはストレートキークラブで交信したのですが、私の名前を間違ってコピーしてごめんと書いてありました。
バイブロのバグを使っているようですね。
CN2Rのアンテナはすごいですね。

雪の下からお宝が

雪解けが進み、庭の地面が見えてきました。
そうしたら、郵便受けの近くにこんなものが落ちていました。
JY9FC1.jpg

中身はこれです。
JY9FC2.jpg

コールサインがかろうじて判読できますが、DXCCの申請に使えるでしょうか?
先日20mCWのQSLカードをCFMしたので、まあいいかという気持ちはありますが・・・

船便か?

ヨルダンからQSLが届いたので、てっきりOQRSで請求したJY9FCかと思ったら、JY5HXからでした。
昨年ダイレクトで請求したのですが、すっかり忘れていました。

日付を見ると22 DEC 2013ではありませんか。
2ヶ月もかかっています。
これって、船便ですか?封筒を見ると、AIR MAILと書いていませんでした。
JY5HX.jpg

SASEが来ました

返信切手
USAからSASEが届きました。
FISTSやSKCCメンバーなどから、たまに届きます。
そしてよくあるのが、GLOBALスタンプが貼ってあるんです。
これでは日本から発送できないので、日本の切手を貼って発送しました。
ただ、GLOBALスタンプは使い道があるので、この手の間違いは嬉しいです。

初めてのJA

久々にSASE入りダイレクトでQSLが送られてきました。

sase1.jpg

でも、同封されてきた封筒にはアメリカの切手が貼ってありました。
それで、新しく封筒を用意して、航空便で送りました。
同封されたアメリカの切手つきの封筒は、ダイレクト請求のためにTZ6BBのマネージャーに送りました。

TZ6BB.jpg

昨日届いたカードです。
TZ6BBはLoTWでCFMしていましたが、紙のカードはやっぱり良いですね。

DXCCアワード 15m

DXCC006 (640x472)
やっと15mが大台に乗りました。普通はハイバンドの方から完成していきますが、私には40mの方が優しかったです。

BUROからのQSL

HamFair002 (640x399)
今月はDXから30枚ほどのQSLカードが届きました。
まずはARRLのクラブ局から。

HamFair003 (640x414)
それから、これはストリートジャズフェスティバルです。
仙台のジャズフェスもメジャーになってきましたが、これはすごいですね。