変更申請と変更届の違いとは

申請と届け出は似てるけど、天と地ほどの差があります。
法律を勉強した人には今さらの話ですが、そうでない人が多いと思うので、ちょっと書きます。

申請は許認可権が申請先にあります。アマチュア無線局の場合はたいがい総通ですね。総通は申請内容を見て許可する、しないを決めることはもちろん、申請を受け付ける、受け付けないさえ決めることが出来ます。だから、免許されるまでは、申請したことをやってはいけないのですね。

それに対して、届け出は届け出るだけでOKです。総通は必ず受け取らなければならないのです。 届け出は窓口に行ってもいいし、郵送してもいいし、電子申請(届)してもいいです。窓口の場合は係官に手渡した時点で届け出がされたことになります。郵送の場合はポストに投函した時点で届け出ることになります。電子申請(届)の場合は到達と表示された時点で届け出が成立です。届け出の解釈については法令や判例で以上のようになっています。

無線設備の軽微な変更は遅滞なく届け出ることになっています。
つまり、アンテナの追加などは変更申請して免許されるまで待つ必要はなく、届け出るだけでいいのです。そして、ここがポイントですが、遅滞なく届け出ることです。

普通、遅滞なく届け出ることと言われたら、すぐに届け出なきゃいけないと思いがちです。しかし、法律用語としての遅滞なく届け出ることは、ちょっと遅れてもいいよという意味です。

婚姻届けで考えてみましょう。結婚してから1週間以内に届け出ることになっていますね。役所に届け出た時点で結婚が成立するのではなく、男女が結婚しようと決めた時点で結婚が成立します。

無線設備の軽微な変更も役所に届け出た時点で成立するのではありません。届け出は後でいいのです。婚姻届け出は1週間以内という期限がありますが、その代わりに遅滞なくという期限があるのです。わざわざ具体的な数値をあげず、遅滞なくという表現にしたのは意味があるのですよ。行政に裁量権を持たせたのですね。ただ、遅滞なくというのはどれ位の時間なのか争った裁判があり、最高裁の判例では6ヶ月は遅滞なくではないです!というのがあります。

さて、次に大切なことは、以前の規制緩和で、免許状の指定事項に変更がない場合、変更するリグが技適機種であれば無線設備の軽微な変更とみなす、というのがあります。免許状に2HDとか訳がわからない記号が記載されるようになった時です。

あの訳がわからない記号のおかげで、1.9MHzから1.2Gまでであれば、私の免許状は指定事項の書き換えの必要がほぼなくなりました。それは、技適機種であれば、新たにリグを購入しても、無線設備の軽微な変更を届け出ることで済むことになったのです。届け出は変更してからでいいのですよ。

おさらいします。
移動しない局で免許状の指定事項に変更がない場合、技適機種であれば、変更届け出すればいいです。届け出だから事後ですよ。結婚していないのに、婚姻届を出してはいけないのと同じです。届け出前にリグを使っていいのですよ!

それから、200Wを越えるアンプの扱いについて最近の例をOMさんから教えて頂いたのでQSPします。
エキサイタの入れ替え、リニアアンプ(200W超)の入れ替えも、指定事項を変えなければ「検査なし」ですみます。
エキサイタとリニアを同時に取り替えるのは「X」のようです。数年前までは各総通で微妙に対応が違っていたようですから、実際に手続きされる場合は事前に確認した方がいいでしょう。

移動する局の場合、話は変わります。あのシールがあるからです。(これはおかしいと思いますが、別の機会に)

以下はおまけ

現在は指定事項のうち電波の形式だけは記号になっていますが、もっと規制緩和を進めて、電波の形式、周波数、空中線電力も合わせて1つの記号にしてしまうといいと思います。例えば1アマは1A, 2アマは2A, 4アマは4Aのように記号化して、その資格で操作できる全ての電波形式、周波数、空中線電力を一括指定すれば、資格が替わらない限り実質的に指定事項の変更がなくなるので、技適機種であれば変更届を遅滞なく出すだけですみます。さらにいえば、空中線電力が数Wの送信機であれば、自作機であっても変更届を出すだけでOKにして欲しいと思います。もちろん一番良いのは、指定事項内であれば変更申請や変更届をしなくてもリグを使えるようになることです。
最高裁の判例では、遅滞なくというのは3ヶ月以内という判例がありました。(忘れていました)

コメント

そうだったのか!

そうだったのか!勉強にないました。恥ずかしながらこの歳に
なるまでに何度恥をかいたか!今迄実にい~加減な事ばかり
やっていたか恥ずかしい限りです。
人生死ぬまで勉強とはよく云ったものです。
それにしてもアマチュア無線関連の電子申請は実に複雑です
なぁ~頭の硬くなった人間にはとても手に負えません!
もっとカンタンにしてよ~ 総通さん!

No title

おはようございます。まぁお役所言葉と言うか、日本語の定義の曖昧さと言うか…。ありますね。表面上は似ていても中身の意味が違うって事、多々にしてあります。「即ち」とか「この限りでない」とか「遅滞なく」とか…。もっと簡単な口語体に出来ないものですかね。(^_^;)

No title

岡崎さん、もっと簡単な制度にして欲しいと切に願います。お役所仕事とはよく言ったものだと思います。誰にでも分かりやすいのが良いのですが、役人しか分からないようにすることで。彼らの力の源泉になっているのでしょう。

No title

Ackeeさん
「直ちに」→「速やかに」→「遅滞なく」と時間的即時性が緩やかになっていきます。「直ちに」は、「即時に」、「まさにすぐに」、という意味で用いられます。いかなる理由をもってしても遅れてはならない、とのニュアンスがあります。「速やかに」は、「可能な限りはやく」との意味合いで用いられ、銃刀法改正時には「速やかに」が「20日以内」と明記されました。「遅滞なく」は最高裁の判例によると3ヶ月以内だそうです。法律用語というものは、難しいものです。

変わりましたね

大杉さん、ご無沙汰しております。
JH7BZR岩渕です。
病気・結婚・転勤等で10年以上、お空から離れておりますが、
ハムフェア参加で細々とハムに関わっているといった状況です。
古い無線機が使えなくなって、固定局の変更検査が必要になる
のかと思っておりましたが、固定局については、簡単になった
件のスレッドを発見して、喜んでおります。これからゆっくり読ま
せて頂き、「遅滞無く」届出をしたいと思います。

No title

岩淵さん、お久しぶりです。
最後の交信は10年近く前になるでしょうか。
遅滞なく届け出をして頂いて、またお空でお会いしたいものですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL