S79Vと6Y1LZ

昨夜の6Y1LZ(20mCW)と一昨日のS79V(17mCW)はどちらも一発コールで交信できました。
IC7300のスペクトラムスコープを見ていると、6Y1LZはUP1と言っていますが、実際にピックアップしているのはUP1.5がとても多かったので、UP1.5で呼んだら1回で応答がありました。S79VはUP2の指定でしたが、UP3をピックアップしているのが多かったので、UP3.1位で呼んだら1回で応答がありました。

以前IC756PRO2を使っていたことがあり、スコープの有用性は認識していましたが、DXペディションにはかなりの戦力になりそうです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL