2Way QRP

今日、3エリアの Toshi OMと5回目の2Way QRPで交信できました。
KEM TRX7 Liteをお使いで、0.5Wの信号が579で届いていました。
私はTS450 5Wです。

KEMのトランシーバーを使っている局はToshi OMが初めてでした。
私もTRX7 LITEを組み立てたのですが、地元の中波AMが飛び込んできて、使い物になりませんでした。
Toshi OMはちゃんと使えるようにしているので素晴らしいです。

先日はKEM TRX 2Bを組み立てましたが、50マイクロボルトの信号が何とか聞こえるくらいの感度なので、LA1600を使った無線機はもう組み立てるのをやめました。AITECのSR-7はLA1600を使っていますが、1マイクロボルトの信号がちゃんと聞こえますから、上手に作れば十分実用になります。ただ、KEM TRX 2Bの送信部はLPFの定数の関係で10MHzの出力が少ししかないくらいで、大きな問題は見当たらないので、自作の受信機と組み合わせてトランシーバーにしようかと思います。
写真はDDS-VFO-MC50を使っていますが、KEM TRX 2BのDDS-VFOを局発として使う予定です。

RX1123.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL