ハムフェア おまけ

へ~と思ったのは、TSS1社独占だった保証業務にJARDが参入してくること。
年内のサービス開始を目標にしているそうです。
選択肢が増えるということは好ましいことです。
もっと自作の無線機で運用しやすくなってほしいですね。

コメント

えっ・・・包括免許にはならないのですか?

それも、よりによって、あのJARDが参入?これでは、お先真っ暗ですね。「無線機ごとに免許される仕組み」を外国のハムに説明しても、ピンとこないようです。まさにガラパゴスですね。

それに、JARDは養成講座を18歳以下には7千円にまけるとか言っていますが、それでも高いし、免許を取るのに、これだけお金がかかる趣味を、若い方々が始めようと思うかどうか・・・。

先は暗いと感じますね・・・。人様のブログで失礼しました。

PS;URIとはURLの間違い?

No title

あ、間違いですね。今まで気付きませんでした。出来合のフォームなので、いろんな人が使っていると思うのですが、修正されなかったのですね。

アマチュア無線の免許は許認可権を利用した、非常にわかりやすい利権構造になっています。
これを壊すには相当な力が必要でしょう。JARDはアマチュアの間にたまってきたTSSに対するフラストレーション(=免許制度に対するフラストレーション)を発散させる役割を与えられたのだと思います。


No title

URIというのはURLの上位概念だそうです。
ですから、上記のURIは間違いではないようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL