VK4KAO

ついにSt.KittsのV44KAOからQSLカードが届きました。
V44KAO.jpg
QSLは発行しないと聞いていたので、ダイレクトでQSLを送ったものの返信は諦めていました。
V44KAIをLoTWでCFMしているので、あまり気にしていませんでしたが、とうとうカリブの島からカードが届きました。
紙QSLはコンファームを実感できるのでいいものですね。

この交信はハイバンドの交信なので、Sメーターがはっきり振れるような信号で入感してきました。
しかし、ローバンドのカリブの信号はSメーターが振れるか振れないような場合も多いです。
ノイズの海に浮かんでは沈み、沈んでは浮かんでくるあの信号を聞くと、なぜかわからないのですが血が騒ぎます。
異次元から伝わってくるような雰囲気といいますか、別の世界から漏れてくるような感じを受けます。

これに似た感じがするのは、2WAY QRPの時です。
たとえ交信相手がJAでも、相手の出力が100mW位だと7MHzでは結構QSBを感じます。10Wや100Wでは全く問題なく交信できるのですが、mWの単位になると電離層を意識するようになります。これが、いいんですね。
この感覚は中学生の時に流行ったBCLで培った感覚だと思いますが、おそらく私のDNAがそう感じさせているのでしょう。

ですから、この感覚を他人様に強要するつもりはさらさらありません。
蓼食う虫も好き好きといいますが、好きになるポイントは人それぞれです。
趣味なんだから、(法令の範囲内で)自分の好きなことをやればいいと思います。

コメント

私も同じポイントで興奮しています。 ^^
電離層反射が止められません。。

Re: タイトルなし

おっ、「同好の士現る」ですね!
太陽黒点数が気になります。

CONG

V44KAO、紙QSLCFMおめでとうございます。
いまだい交信したことのないV4、うらやましい感じです hi

QRPpの交信、苦しいながらも楽しいですね。
とくに困らせようと思って下げているわけではないんですが、意外と出来るのが興味深いです。
最近、Kazuさんと2way 100mWで2回ほど交信しました。

強力に聞こえていたHC2AOを100mWで呼んだら一発で交信できてしまった。出力は小さくても可能性は無限大ですね。

発行するんですね。私は昨年3月ですから、来年かな。Hi

Re: CONG

ありがとうございます。
太平洋を見下ろすローケーションのおかげです。
なにせ、海の向こうに星条旗が見えますから、hi。

私のQRPの原点は、100mW出力のCBトランシーバーです。
友達のお父さんが現場で使っていたものを拝借して、遊んでいました。
同じ出力でも外部アンテナをつなぎ、モードがAMからCWになると、飛距離が何千倍にもなるんですね。

Re: タイトルなし

QSLカードが手元にある時には返信が早くなるのかもしれませんね。
いったん切らすと、次のカードが出来上がるまで、案外長いのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL