10MHzモービルホイップ

注文していたモービルホイップが届いたので、昨日、柴田郡川崎町の釜房湖畔で試運転してきました。
mobilewhip30m.jpg
ダイヤモンドのHF-30CLという全長2.2mのセンターローディングホイップです。

みぞれが降るあいにくのお天気でしたが、降り止んだ時を見計らってアンテナを設置しました。
たまたまCQ誌にもHF-30CLの記事が載っていましたね。
上部エレメントが少し長めになっているので、共振周波数は10.075MHz付近になりました。

エレメントを切る道具を持っていかなかったので、エレメントは長いままで運用しました。
共振周波数でのSWRは1.2程度で、運用した10.122MHzでのSWRは1.5程度だったので、そのままでも十分使えると思います。
でも、共振周波数におけるアンテナの飛びや吸い込みの良さ(よく聞こえるという意味で)はアパマンハムや、モービルハムとして幾度となく経験しているので、金ノコでエレメントを切って、共振周波数を10.120MHzくらいにするつもりです。

マルチバンドのモービルホイップやベースローディングタイプのモービルホイップを持っていますが、それらのアンテナよりも帯域が広くて使いやすいです。飛び、受けとも良い印象を持ちました。

コメント

このアンテナからの信号と交信したのですね。ありがとうございました。
こちらもだいぶ寒くなりましたが、この写真は寒そうです。

Re: タイトルなし

レポートありがとうございました。
ベースローディングタイプのホイップと比べてみると、またおもしろいでしょうね。

さすがに冬至ですね。
今日も晴れたり曇ったり、雪がちらついたりしていました。
アンテナ作業は大幅に制限される季節です。10MHzのエレメントが長すぎたので、2cmほど切る予定図です。

私もゲットしました

こんにちは。
当局も導入しました。
うちもノーマルのママでは一番縮めてももうちょっと、と言う感じです。切らなくてもSWRは十分低いのですがまだ下がりそうです。
ジャスト同調したアンテナはやはり違いますもんね。
太いステンレスエレメントは角の立ったダイヤモンドヤスリで切るのが楽です。

Re: 私もゲットしました

やはりメーカーは少し長めにエレメントを用意しているのですね。
同調アンテナは、共振周波数ドンぴしゃの威力が違います。できれば、ぴたっと合わせたいです。
私は金ノコでごしごしやりましたが、切れそうな道具があるんですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL