8J7JE4OO 運用

慶長遺欧使節出帆400年記念事業協賛 JARL記念局 8J7JE4OOを運用しました。
詳しくはここをクリック
3.11の震災で破壊されたサンファンバウティスタ号(復元したもの)ですが、修理が完了して、来月から見学再開になるようです。
SanJuanBautista1 (640x480)

SantJuanBautista2 (640x480)
どちらの写真も2006年に私が見学したときのもので、現在とは違うと思います。

8J7JE4OO/7と打電すると、2局分の長さになります。
Wの連中には、えらく長いコールサインだな~と言われました。
今日からWWなので、試しにこのコールサインで呼んでみたら、正確にコピーしてもらうのに3分はかかりました。
4局ほどと交信したのですが、もう、コンテスト妨害のなにものでもないので、コンテスト参加は諦めました。

数日の運用で、JAは150局、DXとは60局ほどと交信出来ました。
NAの連中は必ずQTHとNAMEは打電してきます。EUの連中はOPは必ず送ってくるし、QTHはこちらが打電すると必ず打電してきますね。
JAのみなさんはこちらがOPとQTHを打電しても、レポートだけ打電して73という局がかなりいます。
レポートだけでは寂しいので、UR NAME?と聞くことがしばしばあります。DXペディションではないので、せめて名前くらいは交換したいと思うのですが、どうもJA各局はせっかちな人が多いようです。それとも、珍しい局だから、短時間で終了して次の人に回してあげたいという気持ちでしょうか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL