KX3用マイク

FDに6mSSBでQRVしようと思い、KX3用マイクを用意しました。DIAMONDのMS800です。
IMG_1084 (640x480)
スピーカーマイクロフォンですが、スピーカーは使わずに、マイクとPTTを活用しようと考えました。
本体を開けてコードを繋ぎ直します。

IMG_1080 (640x480)

IMG_1081 (640x480)
ところが、シールド線と黒線がつながっており、ピンのSLEEVE(根本部分)に接続されているのです。
これは誤算でした。ピン毎に線が接続されていると思っていたのです。
ピンの先端から2番目がどの線にもつながっていません。
これではPTTのコントロールはできません。
IMG_1085 (640x480)

それで、PTTのコントロールもあきらめて、マイクだけ活用することにしました。
白線とシールド線をMIC端子に接続し、完成です。

コメント

こんにちは。
市販のマイクでは、なかなかうまくいきませんね。
PTTの代わりにXMITのボタンをお使いなのかな?

XMITボタンに関しては、帰宅後確認しますが、
たしか、ピンカット以前でも、
CWモードでXMITをおすと電波が出た記憶があります。

こんにちは。
PTTのコントロールがきかないので、XMITをクリックして送信したら、SSBモードでしゃべってもいないのに数Wの電波が出てしまっています。つまり、A3Hです。FT817やK3,BCLラジオでもAMとして復調出来ます。
CWはXMITをクリックすると、2W程度の電波が出て、KeyダウンするとPWRボリュームで設定した電力まで出ます。
今までCWでVOXしか使わなかったので、分かりませんでした。
この問題が分かる前に、OMさんにMH3を譲って頂いたのですが、PTTを押すとSSBモードでも電波が出ています。エレクラフトのサポートにKX3 Utilityでキャリブレーションをとるように指示されて実行しましたが、改善されません。

今晩は。
今テストをやっています。
7メガでパワーを5wに設定して、
CWモードで、XMITを入れると、確かにキャリアが
出ます。
でも、パワー計の針は全く振れません。
30cmほど近くにある、K3で受信すると、Sメータ読みで5まで振れますね。
SSBモードの場合もパワー計は振れずに、やっぱりK3のメータでS5まで振れます。

2wも出ているというのはやっぱりどこかおかしいですね。

私の方は、実際に電波は出ていませんが(パワー計でわかるほどの)、キャリア漏れはありました。
取り急ぎ、ご報告します。

Kazさん、わざわざテストありがとうございます。

私の場合はSSBモードではXMITをクリックすると、KX3のPWR計も振れますし、DIAMONDの外付けのSWR&PWR計も2W程度針が振れます。

ところが、CWの場合XMITをクリックすると、KX3のPWR計は振れませんが、ダミーロードにつながっているSWR&PWR計は2W程度指し示しています。Keyダウンすると、設定したパワーまで出ます。例えば、10Wを設定すると、RX3のパワー計でも、外付けのパワー計でも10Wを指し示します。

明らかに、おかしいですね。
エレクラフトのサポートに相談しているので、そのうち解決方法が見つかると思います。K3の時は雷関係でフロントパネルを交換したし、K2の時は最後のところでなかなか完成しなかったし、慣れない英語でアドバイスをもらいながらいじるのも、それはそれで楽しんでやろうとおもいます。

そうですか。
やはりどこかおかしくなっている可能性がありますね。
早く直ることを祈っております。

どうもありがとうございます。
いろいろやってみます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL