Ham CAP

Ham CAPというコンディション予想ソフトがあります。
JARLニュース夏号のHF帯にチャレンジしよう(後編)という記事の中にあったので、ご存じの方もいると思います。

それを見て、今頃気づきました。
なぜ、アメリカとヨーロッパが同時にオープンするのかということが。

これを見てください。日本時間で夜8時における7Mhzの伝搬予想です。
Ham CAP1

これを見ると、アフリカにある太陽を囲んで、青色の帯が円を描いています。
この青色部分が交信出来る可能性が高いところなんです。
それで、よく考えてみると、この青色部分というのは右側が日没、左側が日の出なんです。そう、グレーラインなんです。(たぶん黄色の線?)

ああ、こんな事になぜ今まで気づかなかったのでしょうか。
このソフトの色を見た瞬間にすっきりしました。
だから、ヨーロッパとアメリカが同時にオープンするのですね。
目から鱗が落ちました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL