電波有効利用の促進に関する検討会報告(案)

総務省からパブコメを受けて案が出ました。
アマチュア無線に関するところだけ紹介します。

以下引用
③ アマチュア無線局の手続の簡素化
アマチュア無線局は、政令で定められている無線従事者の操作可能な範囲3に応じ、所有する無線設備が発射可能な電波の型式、周波数及び空中線電力を指定された上で免許されており、これら指定事項以外の電波を発射できる無線設備を新たに使用する場合は、無線設備の変更と指定事項の変更の手続が必要であるため、アマチュア無線の利用者からは、負担軽減のため、手続の簡素化の要望が出ている。
このため、技術基準適合証明を受けた無線設備のみを使用する場合は、無線従事者資格の操作範囲内で、それぞれのアマチュア無線資格に応じた操作可能な電波の型式、周波数及び空中線電力を包括して指定するなど、手続の簡素化について検討することが適当である。
ただし、隣接周波数帯の他の無線局等との混信を回避するため、設置場所等に一定の制約がある周波数帯(例えば、136.75kHz、1280MHz等)は適用を除外する必要がある。
引用終わり

パブコメ募集時には、免許発行時にその無線従事者資格の全ての範囲を指定することにより、免許状の変更をなくし、どんな変更も総務省へ直接届け出るだけですむように意見しました。
しかし、今回の案では「どんな変更も」ではなく「技術基準適合証明を受けた無線設備のみを使用する場合」は変更申請しなくてもよくなるようです。

半歩前進かな~
本当は、K2などのキットや、自作リグのほうも変更申請(届)なしでOKになるとありがたいのですが。
TSSがある限り、だめでしょうか。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL