FTDX5000とFTDX3000の聞き比べ

10時から若林市民センター(旧館)でJARL宮城県支部主催「初歩の無線教室・技術講習会」があり、それに少し顔を出してからYAESUフェスタ in 仙台(同時開催 FTDX3000D発売記念試聴会)へ行きました。
お目当ては3000と5000の試聴です。

スタッフに説明を受けながら3000を試聴しました。
う~ん、K3の音に似ています。
値段相応というか、K3のように内部雑音が多い気がします。

それにたいして、5000の方は高いだけあって、落ち着いた音がします。
折りしも東京コンテストが開催されており、試聴するにはちょうどいい環境でした。
HF機の流れがダウンコンバージョンになってきています。
リグのブロック図は似ていますが、使っている回路や部品が違うので、出てくる音も当然違います。
次(K2)の次のリグは、しっかり試聴してから決めたいですね。

紙ログ1
会場でもらった紙ログです。
ちょっと渋くていい感じです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL