K2調整パート1

K2chousei.jpg
調整パート1にこぎ着けました。

周波数カウンターはK2がやってくれるのですが、カウンタープローブを作らなくてはなりません。
FCPA.jpg
ところが、コネクタの半田付けを左右逆にしてしまい、周波数が測定できませんでした。
コントロールパネルの発振器の周波数がふらついてしまっています。
このことに気づかず悩んでいたのですが、風呂に入ってあとシャックに入ったら思いつきました。
K2のコントロールパネルにあるコネクタのツメを折り、カウンタープローブを左右逆に接続したら、きちんと表示してくれました。

それ以外は、U2の5番ピンの電圧を3.80Vにするのですが、VRを回しても3.6Vまでしか上がりません。
これは、K2を組み立てた他の局も同じような電圧なので、OKとします。
あとは順調に調整が終わりました。
これからは、いよいよ受信部を作っていきます。

コメント

 こんばんは
 ここまでくると、リグらしくなってきましたね。
 まだまだ取り付けるパーツが沢山ありますが、ICの取り付ける向きに注意してください。間違えると、部品を取り外すのに難儀します。
 もっと先になりますが(マニュアルP60)BFO TROID L33に巻く線は細くて切れやすいので、取り扱いに気をつけてください。特に予備半田する際などは、線を切りやすいので!
 設計技術は大変優れており、半田付けさえ間違えなければ確実に動作するキットです。
 メーカー製リグでは味わえない組み立ての楽しさを存分に味わってください。

JG1XLZさん、こんばんは。
SS-40のVXOコイルでは何回かエナメル線をブチッと切ってしまいました。
BFOコイルは既に巻いてあるようですが、気をつけたいと思います。
完成した暁には、ぜひ2WAY K2で交信したいですね。

K2のAGCレベル

U2 5番ピンを3.8Vに下げる改造方法がエレクラフトのホームページに掲載されていました。
http://www.elecraft.com/Apps/K2_AGC_Level_App_Note_Rev_A.pdf
抵抗1本追加するだけの簡単な改造です。これで3.8Vに合わせ込みました。

U2の5番ピンの電圧は、何もしなかったのに、3.8V以上になっていました。
PLLの問題も片付き、ほっとしています。
アドバイスありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL