6m and Down

今回は、土曜日の1時間半だけの参加でした。
したがって、Eスポの恩恵を受けるわけでもなく、ただグラウンドウェーブの届く範囲の交信になりました。
交信局数は12局、マルチは1のみです。

日曜日に参加できなかったのは、かみさんにつき合って横須賀まで行ったからです。
日本フィルハーモニーの演奏会でした。
かみさんのお目当ては指揮者の西本智実でした。

演奏曲目は
メンデルスゾーン 「真夏の夜の夢」序曲
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番
ベルリオーズ 幻想交響曲
幻想交響曲は、かなり練習したのだろうなと感じさせる密度の濃い演奏でした。

この小旅行で感じたのは、横須賀は軍港だということです。
初めて潜水艦を見ました。
Yokosuka.jpg
所沢に住んでいたので、市内には米軍の通信基地があるし、隣町の入間には航空自衛隊があるし、現在の勤務地には陸上自衛隊があるので、陸と空の乗り物は多少見たことがあります。
しかし、海の乗り物は初めて見ました。
すぐ近くにペリーが来た浦賀がありますし、横須賀は海軍に関係の深い町なのですね。
今度は、ゆっくり訪れてみたいものです。

コメント

QSOありがとうございました

QSOありがとうございました。
私はUSTさんが1局目のQSOでした。
横須賀は行ったことのない町ですが、海軍カレー、小泉純一郎位しか思い浮かびません。

まさに私の父親が終戦を迎えた所です。
昔は行きたがらなかったのですが、
1年前から連れて行ってくれと私に頼んでくるのですが
なんせ 90才過ぎているのでどうしようかと。。
悩み中。

UJIさん、私も横須賀についてはまったく知りませんでした。
なかなか、良い街でした。
久しぶりに行った海が良かったのかもしれません。
こちらでは、海に行っても高台にいたりして、波打ち際まではなかなか行く気になれません。

MasaPさん、90才過ぎてお元気ですか。素晴らしいですね。
義父が80過ぎですが、車いすの移動が多くなりました。
先だって行った松島旅行が最後のお泊まりかもしれません。
本人の希望だったので、かなえてあげられて良かったと思います。

幻想は、私がクラシックを聴くようになったきっかけの曲でした。小沢征爾指揮のモントリオール響だったか・・・。1楽章の冒頭部が特にお気に入りでした。小沢さんが水戸室内管を振った1月の演奏会のvideoを観ましたが、楽章ごとに椅子に座って休みを取っていましたね。大分具合が悪そうでした。この後、休養に入られたようですね。

奥様と横須賀までオケを聞きにこられるとは、エネルギーに感服します。

初めて小澤征爾の指揮を見たのは、2007年に松本で行われたサイトウ・キネンオーケストラのコンサートでした。
その時の演奏曲が幻想協奏曲でした。
亡き王女のためのパヴァーヌもよかったですが。

演奏会で棒を振るたびに、命を削っているんだな~と、最近の小澤征爾を見るたびに思います。
たくさん指揮してほしいと思うのと同時に、
体をいたわってほしいとも思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL