SS-40 ケースに入れましたが・・・

SS-40その5
(未だレタリングしていません)

ケースを加工して、プリント基板を入れました。
そして、トロイダルコアで作ったコイルを固定するためにボンドを流し込みました。
そうしたら、局発が発振しなくなってしまいました。

昨日は何をやっても発振しなかったのですが、
今日は局発が発振しました。
7000kHzから7031kHzは受信できます。
ただ、ダイヤル目盛りで50から80になってしまいました。

局発が発振しなかったのは、ボンドを流し込んだため、トロイダルコアで作ったコイルのインダクタンスが増えすぎたためだと思います。
1日経ってボンドがすっかり固まったため、インダクタンスが少し減って発振するようになったのではないでしょうか。

昼間はいい音で鳴っていますが、夜は音が濁ります。
混変調のようなので、ゲインをもっと下げる必要があります。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL