RTTYの運用

日曜日の朝、7026kHzでオンエアミーティング中に、200Hz上でRTTYのCQが始まりました。
デジタルモードは嫌いではないのですが、CWで運用している時に、真上にかぶせられたり、200Hzしか離れていないところでCQを出されたりすると、うんざりしてしまいます。
CQの後、私がRTTYでQRMになっているからQSYしてくれといっても無視しています。
もう1局がRTTYでQSYを要請したら、やっと静かになりました。
デジタルモードのバンドプランが悪いのはわかっていますが、RTTYを運用する局のマナーの悪さは何とかならないでしょうか。

それから、JARLの理事会でバンドプランの改正についてこの春に意見集約するという話し合いがあったようなので、
40mは諸外国のバンドプラント整合性を持たせるように意見するつもりです。

第一地域(ヨーロッパなど)は以下のようなバンドプラン
bandoplanReg1.jpg

USAは7000~7300kHzという広いバンドなので、こうなっています。
bandplanW.jpg

日本と同じ第3地域ですが、オーストラリアはこうなっています。
bandplanVK.jpg

この中でいうと、ヨーロッパのバンドプランに共感を覚えます。
7000-7040 CW
7040-7050 ナローバンドデジタル RTTYやPSK
7050-7060 デジタルモード SSTVなど
7060-7200 SSB

コメント

RTTYは170Hz SHIFTなので、「これくらい離れていれば大丈夫だろう」と思っても、けっこうな混信になりますね。
7.026KHzに混信を与えないようにと考えたら、CWのフィルターが500Hzと仮定すると7.026MHz+250Hz+170Hz=7.26420よりも上で出ないと確実に混信になると言うことです。
少なくとも500Hz、できれば1KHzは離れて出て頂ければと思うのです。

いずれにせよ、周辺の既運用局へ混信を与える可能性がないかを、帯域幅と側波帯方向、そしてフィルター特製を考慮した「ワッチ(確認受信)」が不可欠です。これを怠るのがデジタルユーザーに多く感じます。
特にPSK31は狭帯域(31Hz)なので、PC上でDSPフィルターを駆使して絞ってしまうと、近くに居るCW局の存在すら判りません。音でモニターする必要があるにもかかわらず、受信音は絞っている例が多いのでしょう。

彼らにCWでQSY要請をしても「理解できない」でしょう。受信音を聞いていなければ存在すら気がつかないですから。
ゼロインしてRTTYで直接お願いするしか方法はありません。

日本のデジタルモード帯はとても狭く、特にRTTYとPSK31は7.025~7.030しか無いといえます。これは、7.033がSSTVのメイン周波数として歴史的に固定されているのと関係があります。
狭苦しいのはお互い様ですが、少なくとも既に交信中の周波数に妨害となる行為だけはしないように運用して頂きたいものです。

7.025~7.027はQRSのビギナーや、DXとの平文交信が頻繁に行われています。使われていないときは良いと思いますが、この周波数に混信を与えないよう、十分なギャップ意識と受信確認をしてからCQをだして楽しんで頂きたいと思うのです。

BWTさん、確かにデジタルモードバンドは狭すぎますね。
せめて、10kHzは欲しいところです。
これは、JARLに要望したいと思います。

しかし、現在のバンドプランの中で運用しなければならないことは確かです。
おっしゃるとおり、電波を出す前に混信を与えないことを確認することは必ず必要です。
すべてのアマチュア局にやって欲しいですね。

こういう「電波を出す前の確認行為」こそ、初心者向けガイドに書くべきだと思います。無線工学が得意な人なら側波帯がどちらに広がるか等は判ると思うのですが、そうでない大多数のHAMには判らないと思うのです。
自分には聞こえていなくても、他の局には妨害になることは、特にモードが違えば顕著です。
こういうことをメディア(本やNet)や講習会等で啓蒙するひつようがあるでしょう。DXの呼び倒しも同じく。

私はデジタルも楽しんで居るので、デジタルの狭さは痛感しています。CWがデジタルがという枠ではなく、全体としてバランスの良いバンドプランを制定して欲しいですね。今は法律になっていますから、紳士協定は通用しませんので

次回のバンドプラン改定では、自分の考えを表明することが必要だと思います。
CW,デジタル、SSBの全てがバンド拡充の恩恵を得られるようなプランにしたいですね。
そのためには、A1クラブなんかでガンガン意見を出すことも1つの手だと考えています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL