CQ RTTY Contest Directorからのメール

ちょっとだけ参加したRTTYコンテスト。
ログを出さずに黙りを決め込んでいたら、コンテストディレクターからE-mailが届きました。

コンテストに参加したでしょ?
わかっているんだから。
チェックログで良いから出してね~
(意訳)

ということで、チェックログで出しました。
Logger32という普通の電子ログで記録していたのですが、ADIFをcabrilloに変換できるというのでやってみました。
http://www.cqwpx.com/adif/

こんなメールを送ると、数局でも交信した局は、ログを提出しようという気になるのでしょうね。

コメント

WPXじゃなくて、1月初めの「ARRL-RU」に少しだけ参加して
LOGを出したのですが、何度やり直しても「拒否」項目が
なくならず、3度目は「期限切れ」でアウトニなりました。

英語の壁を痛感しました。
あのLOG、どうなるんでしょうね。

昨年ARRLCWでだめ出しを食らったのですが、だめ出しと気づかずに締め切りが過ぎてしまいました。
結果発表された時に、自分のコールサインがなく、原因を探していたらだめ出しメールを受け付け完了メールと取り違えていたことに気づきました。
zLogでCabrilloを作ったのですが、追加しなくてはいけなかったようです。

英語の壁はありますね~
失敗しながら、覚えていってるのが実態です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL