さすがはHK0NAのオペレーター

土曜日に7MHzSSBでパイルもなく一発コールで早々と交信した後、なかなかCWで交信できませんでした。
14MHz、18MHzや21MHzで狙っていたのですが、パイルが大きくてだめでした。
しかし、昨夜18:00頃、7MHzCWでやっとHK0と交信できました。

UP3でピックアップしてもらいましたが、最初はJK7?ときただけでした。
それで、JK7USTとフルコールを打電したら、またJK7?と返ってきました。
まだサフィックスがとれないようです。
そこはkWのビッグガンと違い、120Wのピストルですから、なかなかフルコールサインがとれないのでしょう。

そこで、JK7UST ust usと打つと、ここでJK7UST 599と応答がありました。
すかさずTU 599 BKを打ち、CWによる初交信が終わりました。

さすがはHK0NAのOPですね。
JK7 Tまでコピーしていたのでしょう。
サフィックスの抜け落ちたUSがコピーできた時点で応答がありました。
こちらはK3をフルブレークインにしていたおかげで、HK0NAの応答がすぐにわかりました。

パイルアップ時のフルブレークインは大事ですね。
そして、フルコールサインをコピーされていない場合でも、応答することは必要だと思います。

コメント

同感!

40m 2MODE おめでとうございます。
私も、なんとかQSOしていただきました。オペレータは超一流で、良くこんな弱い信号とってくれるな~と感心です。

40m-CWおめでとうございます。
こちらではなかなかCWが出来ません。
40mは相手の信号が完全に聞こえ切れていないので、コールが返ってきてもそれが確認できないぐらいです。

もう少しコンディションが上がってくれればありがたいです。

UJIさん、まったくその通りです。
私もコンテストなどで蚊の鳴くような信号をコピーする苦労がわかるので、それをはるかに上回るパイルアップの中から弱い信号をコピーする能力に脱帽です。

Yamaさん、信号の強弱は山の上か海近くかどちらのアンテナを使っているかの違いかもしれません。
短時間で、あまりの落差です。

CW&SSBで交信できたので、気持ちが少し弛んできました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL