野蒜海岸

東日本大震災のちょうど1ヶ月前に行った東松島市にある野蒜築港(のびるちくこう)跡に行きました。
震災の傷跡を確かめるためと、元気になったというメッセージを込めて電波を出すつもりでした。

Nobiru1.jpg

Nobiru2.jpg

これは野蒜にある消防署ですが、他にも津波の跡がまだ残っていて、とても電波を出す気持ちにはなれませんでした。
それで、少し戻って多賀城市から移動運用をしました。

50局弱のアマチュア無線家と7MHzCWで交信できました。
紙ログを使いましたが、交信中にログを使い切ったので、CQ誌の付録のログブックを使うことにしました。
今まで使っていたログの形式と違うので最初はとまどいましたが、使っていくうちに慣れるでしょう。

各局、ありがとうございました。
今日は山形へ移動するつもりですが、磁気嵐が吹き荒れているようなのでコンディションがどうなることやら。

コメント

しばらく更新がなかったのは、運動会シーズンだったからかと思っていました。お元気に活躍のご様子、何よりです。昨日、相馬市から震災の中間報告が送られてきました。3月11日から7月末までの記録です。市民の皆さん、行政の皆さんが悪戦苦闘なさった様子が克明に記録されていました。まだまだ震災の傷跡から立ち上がれない方も沢山いらっしゃるのでしょうね。

お気をつけて、山形へお出かけください。仙台は私には遠くになってしまいました。また無線でおめにかかります。

運動会は春にできたのですが、先々週の仙台市博物館への社会見学、10月にある修学旅行の準備、先週開催された校内絵画展、11月にある校内音楽会の準備等々、怒濤のごとく押し寄せる行事と格闘しておりました。

仙台市内の学校は修学旅行を岩手に変更して実施するなど、修学旅行にはかなり微妙な問題があり、取り扱いに苦労しました。(現在進行中ですが)今年も例年通り会津若松へ行って来ます。

NUTさんが仙台へいらっしゃるよりも、私が栃木を通る頻度の方がはるかに高くなってしまいました。また、アイボールできると良いですね。

欧文チャットの時間が激減してしまいました。
ワッチはしているのですが、じっくり構えることができなくなってしまいました。震災の影響といえるかもしれません。
かなり受信能力が落ちてしまったので、お空ではお手柔らかにお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL