FC2ブログ

ALL ASIA その2

昨夜はコンディションの確認をしてから寝ようと14MHzにバンドスイッチをセットしました。
と言ってもK3のバンドスイッチはアップダウン式なので、1バンド毎に記憶したメモリーを呼び出すのです。

最初の2,3局は呼びにまわったのですが、せっかくアジアの無線局が呼ばれるコンテストなので、思い切ってCQを出すことにしました。
しばらくは開店休業でしたが、5~10分くらいすると続けて呼ばれるようになり、やがて数局が同時に呼んでくるようになりました。

WもEUも同時にオープンしているようでしたが、ビームをEUに向けていたので、Wは呼んできませんでした。
EUはだいたい3つの信号強度で入感してきます。
1つはS9で入感してくるグループ。
昨日のコンディションであれば、1KWにビームアンテナの局でしょう。
2つ目はS5~7で入感してくるグループ。
これは1kWにDPなどのシンプルアンテナか、100Wにビームアンテナの局でしょう。
3つ目はS3くらいで入感してくるグループ。
これは100WにDPやGPなどのシンプルアンテナを使っている局でしょう。

これらの局が同時に3,4局呼んできました。
しかし、K3はきちんと信号を分別することが出来ます。
おかげで、コールサインをコピーすることが出来ました。
これが756PRO2なんかだと、信号が溶けて混ざったようにしか聞こえず、なかなかコールサインをコピーすることが出来ないのです。
K3はアナログ機に近い感じでCWを復調してくれるので、同時に2つのコールサインを聞き分けるということも可能でした。

朝起きて14MHzを聞いたら、まだEUが聞こえていたので、徹夜でやれば相当交信出来たと思います。
もっとも、その気力がもう無いのでやれっこないですが。

コメント

3ツのグループ分けについては全く同感ですね。

k3の「威力」を実感されたようで何よりです。
今回はコンテストやる気無しです、ハイ
QRPには厳しすぎるコンディションです。

K3の活躍を指をくわえて拝読してきましたが
やっとこちらもK3入手できそうです。
木曜日からいつものメールが使えなくなって難儀しています。

確かに今回のコンディションだと、5Wの信号は319くらいでしょうか。
それだと、ちょっときついですね。
もう少しコンディションが上がるのを待つしかないかな~

Atusさん、今度はXEからですか。
いよいよK3を手に入れるのですね。
いいリグですよ!

今週末帰国予定ですが、早ければ届いているかもしれません
楽しみです

長い出張ですね。
お疲れ様です。みそ汁とか欲しくなりませんか?

帰国と同時に新しいリグと対面とは良いですね。
AtsuさんのK3使用感をぜひ聞きたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL