クリスマスツリー

といっても、タワーに満載したアンテナ群のことです。
もっとも、うちはトップに7MHzのHB9CV,その下に14/21の4エレHB9CV,そして3.5MHzのZeppもどきが張ってあります。クリスマスツリーというには少し寂しいですが。

以前の7MHzのアンテナはタワートップにロータリーダイポールでした。
その時の14/21の4エレHB9CVは良く聞こえ、良く飛びました。
しかし、ロータリーダイポールと同じ位置に7MHzHB9CVをあげたとたん、14/21MHzの飛びが悪くなったな~と感じていました。

先日、飛びが悪くなったというのが気のせいでないということを発見してしまいました。
デュアルバンダーで聞く14や21MHzの信号の強さが、7MHzHB9CVで聞く14や21の強さよりS1くらいしか強くないのです。
もっとも7MHzHB9CVで聞くと雑音が多いので、S/N比はデュアルバンダーの方がずっといいのですが。
コモンモードノイズはフィルターでだいぶ減らしているはずですが、7MHzHB9CVは同軸ケーブルがアンテナとして働いているのかもしれません。

それにしても、デュアルバンダーのSが1つしか強くないというのは、SWRは落ちているけれどきちんと動作していないということなのでしょう。
やはり、1本のタワーに1本のアンテナなのですね。

ただ、今は7MHzが楽しいのでタワートップはこのままでいいと思います。

コメント

とても興味ある見解ですね。
もっとも、ボクはタワーなど縁遠い身分なのですが...。
詳細、解明できましたら都度アップをお願いします。

こんにちは。
私のアンテナを上げるときに、やっぱり
14から上のハイバンド用八木の上に7と10のロータリーダイポールを上げる計画もあったのですが、
お互い影響して飛びが悪くなるかもと
RDPが入った八木を選択しました。

もっとも、50メガのアンテナも上げたいので、間にRDPを入れるとかなり厳しくなりますね。

まだ使い始めなので7,10のRDPの性能はわかりませんが、ハイバンドに影響しないのでとりあえずはこれで様子を見てみたいです。

Akiさん、いったん3.5MHzのZeppもどきをおろしてみます。
それで聞こえ方が変わらなければ、主犯は7MHzHB9CVでしょう。
あとはRDPとHB9CVをとっかえひっかえできればいいのですが、そうはいかないので、どうして確かめましょうか。

Kazuさん、多バンドを使おうとすると、トラップ式のアンテナを使う方が、クリスマスツリーにするよりも良い結果を生みそうな気がしています。
ただ、バンド幅と天候に左右されることは我慢しなければなりませんね。

タワートップがRDPの時は影響を感じなかったのですが、HB9CVは14/21の4エレにすっぽり被さっているので、電波の壁になっているのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL