CQWWその2

昨夜はブログを書いたあとに風呂に入ったら、眠くなってしまい、CQを出さずに数局と交信して寝てしまった。
今朝は7時から町内一斉清掃日だったので、6:30ころ7MHzで強力に入感していたオーストリアの局と1局交信しただけで集会所へ向かった。

帰ってきてから朝ご飯もそこそこに、21MHzを聞いてみる。
バンドNewのV31BDが入感しているので呼び続けること30分。なんとか交信できた。
この局が92局目。だんだん飽きてきた。

まだ、FISTSのNETに間に合いそうだったので、7026kHz辺りを聞くと、7025.6kHzでNaoさんとAkiさんが交信しているのが聞こえたのでBKをかける。
その時の話題は酒の話。
Naoさんがウイスキーとビールがいいとか言っている。
私はもっぱらビール党だ。でも、木枯らしが吹く時期になると、Hot梅酒が恋しくなる。
そんなことを打っていると、599BKに飽きてきた脳が柔らかくなっていくような感じがした。

NET終了後、あと数局で100局交信になるので、K3のバンドスイッチを21MHzに合わせ、パワーを0.5Wに絞った。
9M6XROと0.5Wで交信できた。次ぎにWにビームを向けて、S7-9振ってくる強い局を呼んでいった。
0.5Wの信号にWの局が良く応答してくれると思う。kWの信号がS9で入感しているとすると、100WでS6-7,10WでS4-5,1WでS2-3,0.5WでS1-2くらいか。ぎりぎりだ。

0.5Wで交信できたH74LEONの信号はS7-8くらいだったから、OPの能力に脱帽だ。
ZL8Xは9+10dBだったから、H74LEONよりはずっと楽だっただろう。CQを出して誰にも呼ばれなかった時があったので、それでこちらに気付いてもらえたようだ。

今年のCQWWは呼びまわりで100局だった。
収穫はQRPpでDXQSOというところか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL