KCJ

いつものようにコンステターなので、開始直後、朝、昼、夕方と4回にわけて、少しずつ運用した。

開始直後のCQに応答してきたのはN6TIで、2局目は3エリア。そして、3局目はまたWで、4局目はMasaGさん。5局目は6エリア。6局目はW。KCJというよりも、DXコンテストのようだ。その後も聞こえるのは3エリア以西で、コンディションは国内がスキップ気味だった。そろそろ夏のコンディションは終わりに近づいているのかもしれない。
しかし、22時近くになると、1エリアのごく弱い信号に立て続けに呼ばれはじめた。聴力検査のような弱い信号だ。幸い、この夜は雷ノイズもほとんど聞こえず、何とかコピーすることができた。弱いEsのようなものなのか、10分にわたって1エリアと交信することができた。

朝7時前後は1エリアや2エリアといった、近場が中心のコンディションだった。
7時半を回ったあたりから3エリアから呼ばれ始めた。コンディションの変化を実感する。

昼にランニングした時も近場中心のコンディションだった。
夕方になると、また、3エリア以西が中心の交信となった。

今回の交信局数は150局ほど。点数は200点だから、昨年に比べてDXの参加局が増えたように感じる。
DXは5点というのはちょっと高すぎないだろうか。DX10局で50点になる。夜、ビームを北米に向けてWを中心に交信するつもりで運用すればいいのかもしれない。ビームといってもAFA-40だから、バックからも結構信号を拾ってくれる。


コメント

Sugiさん、信号強かったですよ。
日曜は、ハイバンドが開く事を期待したのですがさっぱりでした。
でも時々コンテストに参加するのは楽しいですね。

交信ありがとうございました。
序盤に呼ばれたので、元気が出ました。

信号の強さは20mhのアンテナによるところが大きいです。西の方は山頂があるので、ロケーションはそれほどよくありません。東の方はWまで見えるのですが。

コンテストは好きです。なんか、スカッとしますね。スカッとしたところでやめてしまうので、万年コンステターです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL