FT817 IF GAIN調整

FT817は7MHzではゲインがありすぎて、聞きづらいです。
それで、A,B,Cを押しながら電源スイッチを入れ、調整モードに入りました。
SELつまみを回して02にセット。2.5~10.5MHzのIFゲインを調整しました。
初期値は60だったのですが、交信している局を聞きながら50に設定。
この値で、RF AMPをスルーすると大変聞きやすい7MHzバンドになりました。
これがあのFT817?といういい音です。
好きになりそうです。

こんなことしなくても、RFゲインを絞ってやればいいのですが、いつもゲインを絞っているのは納得がいかないので、メニューで最初からゲインを落として使った方が気分的に良いです。Fieldもそうやっています。
どのリグも7MHzではゲインが多すぎます。TS-520,MARK-V Field,FT-817,K3,P-7DX,ピコ7。唯一適正なゲインなのはK1かな?IC-756シリーズなんか、最たるものでした。

受信機のゲインを競う時代はとうの昔に終わっているのにね。

コメント

ローバンドでは都市ノイズ(生活ノイズ)が高いので、Gainは低めにしないとノイズに負けてしまいますよね。せっかくのアンプがノイズの増幅でお疲れモードになってしまいます。

実は受信ATTの併用も有効で、FT2KDではPre1-ONでATT-6dBなんて言う設定で使うこともあります。
PreをONするのは、NF改善を狙っている部分もあります。
IFゲインではRF増幅より後ろでの仕事を楽にさせるに過ぎませんから、入り口時点で適正なレベルに制限するのはとても有効な手段です。

私のゲイン設定は、まず無信号でSメーターがピクリとも動かない設定を基準とし、そこからさらに落とす方向(感度を悪くする方向)に追い込んでいます。

BWTさん、817の調整モードの入り方を忘れたので、Wikiページを参考にさせてもらいました。ありがとうございました。

高周波増幅を少し抑えて、低周波増幅を少し上げるという使い方がローバンドでは聞きやすいと感じています。

今回調整したのは中間周波増幅ですが、リグのRFゲインコントロールも実は中間周波増幅調整なんですよね。
それからすると、高周波増幅回路を停止させたり、ATTを入れるというのは、よりANTに近い部分なので、効果的ですね。

ホント そーーーー思います。
なんで、こんなゲイン上げるの?と思ってしまいます。
 

2.5~10.5MHzのゲインを変えると、3.5や10メガも変わってしまうのですよね。
その点はいかがでしょうか?

家の817初代品は7のアンテナがPOORなので、
それほどゲイン過多は感じませんが、
今度変えて様子を見てみようと思います。

Masaさん、私は静かなリグが良いです。
好みの問題でしょうけれど。
FieldはIFゲインを落とした上に、VRFを使うといい感じになります。
K3は250HzなどのCWフィルターを入れても、IFゲインの補正をせずにいます。ELECRAFTは+3dBとか+7dBとかを推奨していますが。
CWフィルターを使うことにより、実質的にIFゲインを落として使っています。

Kazuさん、10MHzのアンテナはありませんが、3.5MHzのアンテナはあるので、FT-817につないでみました。
短縮率50%のZeppもどきでは、IFゲインが60だとバンドがガサガサしてしまいます。
しかし、50だと落としすぎです。52くらいが良い感じです。52だとIPOを使わないで、ちょうど良いですね。

無信号状態でバンドノイズを聞くと、60だとS7-S8,58でS5-8,56でS2-8,ここまでやったら、強力なノイズが出ずっぱりになりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL