VP2ETN

JN1RVS NaoさんがVP2ETNでQRVしています。
5月30日までの予定で主に40/30/20m  CW and RTTYに出ています。

私は5月26日22:42JSTに14.007MHzUP1で交信出来ました。
使用したミニマルチの14/21MHz4エレHB9CVは、4m上にある7MHzのアンテナをロータリーダイポールからHB9CVに替えてから、飛びや耳は悪くなりました。
それでも、東北という地の利か、北東に向かって太平洋を見下ろす斜面の上に立っているロケーションのためか、北米やカリブはしっかり聞こえてきます。Naoさんの信号もK3のフィルターを250Hzに絞って559,500Hzにすると579くらいで入感していました。

これからは40mでNaoさんの信号を探してみます。
 

コメント

私は27日の22時に14.007MHZでQSOできました。
559同士のリポート交換でしたが、シッカリと聞こえていました。
ウチのFT2Kですが、どうも2回の修理以降受信アンプ(IPO)がしっくりきません。

先ずはロケーションですね。
私も50wですが捉まえてもらいました。

OXSさん、14MHzは微妙な周波数帯ですよね。
RF増幅を使うのかはずすのか。
それから、RFアンプを使う場合でも、MARK-V Fieldは利得重視のRFアンプと、NF重視のRFアンプがあり、バンド毎に切り替えられるようになっています。
FT2Kも2種類のRFアンプがあるのでしょうか?

NLXさん、かみさんをうまく言いくるめたおかげですe-348

UST-san, QSOありがとうございました。やはりK3でしたか。僕のK3は250-400Hzを適宜調整していました。

Naoさん、交信ありがとうございました。お疲れ様でした。
名前を打ってもらった時は嬉しかったです。カリブに行ったFISTSと交信出来て光栄です。

リグはK3でした。
フィルターを250,400,2.7kと取り替えながら聞きやすいところを選んでいました。
NaoさんもK3だったのです。

UST-Sugiさん、デジタルモードをやらなければK2でもいいのですが・・・。RTTYではK3のDual Pass Bandフィルターが欠かせません。余談ですが、30年前の夏休みに当時名取に住んでいた親せきを訪ねて一人で行ったことを思い出しました。名取駅に着くとホップの匂い?が鼻をくすぐったことを今も覚えています。今もあのビール工場あるのでしょうか?

RTTYはコンテストでやるくらいですが、あのフィルターが効くのですね。

NaoさんもK2派ですか。
K3からK1やTS520に切り替えると、自然な音にホッとします。最近は普段のワッチにはMARK-V Fieldを使うことが多くなってきました。どうもDSPの音はなじめません。
FieldはINRADのルーフィングフィルターを入れて、IFゲインを適度に落としたリグなので、聞いていて疲れません。
これにバグキーをつないであるので、ゆっくりと交信する時はMARK-Vを使おうと思っています。

名取駅の目の前にビール工場はありますよ。
卒業式の打ち上げは、無理言ってそこのビール園でやりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL