FT-450使用感

K3より1まわりないし2まわり小さいです。
それから、骨組みがしっかりしているので、強度もありそうです。
K3を持ち出すのは少し気が引けていましたが、このリグならそんなことはなさそうです。

CWをやる上でちょっと心配なことが2つあります。

1つはDSPのCWフィルター帯域が、2.4kHz,1.8kHz,500Hzの3種類しか設定出来ないこと
です。7MHzだと500Hzでは心許ない時があります。ここは1kHz,500Hz,250Hzくらいの設定
にしてほしかったです。Firmwareのバージョンアップで対応出来るかもしれませんね。

2つ目は送受信の切り替え時に、リレーがうるさいということです。
リグにダミーロードをつないで、送信してみました。
Full BK-inの設定も出来ますが、カチャカチャ音がするので、フルブレークインはやめて
しまいました。

聞いた感じでは、K3のルーフィングフィルターを6kHzにして、DSPを500HzにするとK3の音
とFT-450の音が似てきます。FT-450は10kHzのルーフィングフィルターにDSPなので、音が似てくるのは当たり前のように思います。ただし、K3の方が少し立体感のある音がします。K3よりもFT-1000MP MARK-V Fieldの方が奥行きのある音がします。これは、CWよりもSSBの方が違いがわかりやすいです。FT-450はちょっと平板な音ですね。

今日からオール東北コンテストが始まりました。
少しFT-450でコンテストを聞いてみます。

コメント

随分早かったですね。
存分に聞き比べてみてください!

たった今、コンテストが終わりました。
K3でランニングしながら、他のバンドにQSYする時に少しFT-450でワッチしました。
コンテストでは、K3の切れにはかなわないですね。ルーフィングフィルターの大切さを実感しました。
でも、普段の交信にはFT-450で十分のような気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL