KXV3

KXV3をK3にインストールしました。
40m用のBPFが完成したので(まだバラックですが)、効果を確かめるためにKXV3が必要になりました。
これで、お正月休みのプロジェクトは完了に限りなく近づきました。
IMG_2539.jpg

IMG_2538.jpg

IMG_2540.jpg

挿入損失は10dBに少し足りないくらいでしょうか。ちょうどK3のATTを入れたくらい信号が弱くなります。
7010kHzにBPFをセットして、7200kHzでS9で聞こえる放送局にたいして、BPFをスルーさせると+40dBになります。挿入損失が10dBだとすると、190kHzの離調で30dBほどの減衰量があることになります。
K1に接続したら、放送局の混変調?は改善されたので効果はあるはずなのですが、夜間の7MHzの弱い信号KP2/AE6XYをK3で聞いても、ATTとBPFの違いがあまりわかりません。強いていえば、CWのTONEの濁りが多少良くなったかなというくらいです。(カリブ海は遠いです・・・)
おまじないくらいの効果でしょうか。K3は基が良いのでBPFの効果はないのかもしれません。

それにしても、BPFを入れたK1の信号とK3の信号を比べた時に、あまりにも違うK1の音に改めて惚れ直しました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL