BPF

正月休みに作る予定だったBPFは、トロイダルコアや二連バリコンが入手出来ず、休み中にあちこち手配して部品をそろえることが出来ました。
昨日はそろえた部品でBPFを組み立てました。
IMG_2535.jpg

早速K1につないでみました。
何も聞こえなくなってしまったので焦りましたが、トリマーコンデサーを交互に調整すると、聞き慣れたCWの音が聞こえてきました。
最大の効果は、夜になると聞こえてくる放送がかなり弱くなったことです。
今度は、このBPFをK3につないでみます。

コメント

今朝もSKD有り難うございました。
SUGIさんが製作したBPFはこれですね。40mb用でしょうか?SKDではこの部分はQSBの谷にあたり80mBか40mbかが聞き取れませんでした。
40mb用だとすると7.19MHz付近には強力な局がありますので、こういうものは正解でしょうね。でも、これで送信は出来るのでしょうか?トリマコンデンサの耐圧などを考えると送信はしない予定なのでしょうか?

こちらは日直で、先ほどまでバタバタしておりましたが、今は少し余裕があり先ほど近くのGSまで灯油を購入にいってきました。

では、またよろしくお願いいたします。

井口さん、今朝のSKDはありがとうございました。
これは40m用のBPFです。
これに20PFの二連ポリバリコンを付け足して、7000~7200kHzをカバーします。
耐圧の関係で、送信は出来ません。そのため、K3のオプションにトランスバーターやプリアンプを使えるユニットがあるので、それをインストールします。
そうすると、プリアンプの要領で、BPFを入れてやれば受信時だけ使えるようになります。
夕方オプションを入れました。BPFの効果は後ほど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL