fc2ブログ

特権を失う

今回の改訂で昭和25年以来のアマチュア無線家の特権を失いました。
特権の源は電波法施行規則別表第一号の三第1の表でしたが、この表がまるごと削除されたため、リニアアンプの取り替えや自作の送信機のファイナルやドライバーなどの部品交換は保証認定か変更検査が必要になります。

パブコメで反対したのですが、却下されました。
出した意見はこれ。
○アマチュア局の無線設備に係る工事設計の軽微な事項のうち、空中
線電力 20W 以下の送信機の部品に係る工事設計について、無線設備
の電気的特性に変更を来さないときに限ることとすべきではない。
それに対する総務省の見解は
「制度改正案(概要)にも記載のとおり、一括表示記号の導入に伴
って無線局単位ではなく、個々の送信機等ごとに適切な監理、把握
を行う等が電波監理上必要となることから、改正案のとおりとし
ます。
周波数や空中線電力の変更を来すような部品の変更は、送信機
が発射することを予定していない電波を発射するという変更が行
われる恐れがあること、また、送信機そのものに変更を加えること
と実質的に変わらないこととなるため、国や登録検査等事業者に
よる検査等又は保証業者による保証が必要となります。」

これは改悪です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL