fc2ブログ

全市全郡はQRPで

今年はIC-705、KN990AとK2で参加。つまり、QRPのカテゴリーで参加しました。
2022ACAGic705.jpg

土曜日は160mに出ている局が思ったよりも少なく、こちらから呼んでも応答はありませんでした。というよりも、ロングワイヤーにATUだと出力が熱に変わる率が高くて、電波が相手まで届かなかったようです。今年の交信数は3局でした。昨年は7局だったので、少し残念です。

その代わり、稼ぎ頭次点になったのが80mバンド。1局差ではありますが、Eスポで賑やかだった20mを上回りました。夕方から夜にかけては、40mよりも多くの局が出ている時間帯がありました。

メインは40m。交信局数の8割が呼び回りでした。キーヤーのメモリーにコールサインとコンテストナンバーを入れておき、ボタンをポチッと押すだけです。でも、呼び回りの気楽さで、相手がバグキーでCQを出していれば私もバグキーに切り替えて応答するし、知り合いの局がメッセージを打ってくればパドルをたたいて対応するような楽しみがあります。まあ、これぞコンステターですね。時々Pのナンバーを送ってくるご同業の局がいましたが、その電波はどことなく儚げで、自分の電波もこのように相手に聞こえているのだなと思いました。弱い信号をピックアップしていただき、ありがとうございました。QRPの運用が成り立つのは、弱い信号をピックアップしてくれる相手がいて初めて成り立つモノです。たまに、FB QRP GLなどと打たれると、本当に頭が下がる思いです。

今年の交信数は第3位になりましたが、20mもなかなか賑わっていました。日曜日の朝からオープンしていて、次から次へと交信できた感じです。時々15mにQSYして、強い局と交信していきました。

特筆するならば10mで2局と交信できたことでしょうか。1局は仙台のOMさんなので交信できて当たり前ですが、もう1局は沖縄です。屋根より低いアンテナで交信できたのが11時半頃、Esオープンのおかげでしょう。10mで交信できましたが、昨年3局と交信できた2mは0局に終わりました。
2022ACAGqso.jpg

今年の全市全郡コンテストはEsオープンのために、各局のスコアは結構伸びたのではないでしょうか。私も200局を超えたので満足しています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL