FC2ブログ

北米東海岸局とLPで

今朝は40mCWで、ニュージャージー州とニューヨーク州のアマチュアと、ロングパスによる交信ができました。

KN990Aはスイッチオフしたときの周波数やモードは覚えておいてくれるのですが、SHIFTやPWRの設定が変わってしまうので(たぶんバグだと思います)、メモリーに各バンドのバンドエッジの周波数と、CWの設定諸々を記憶させて、スイッチオンしたらまずメモリーを読み込むようにしています。

今朝もメモリーから7.000.00MHzを呼び出して、上に向かってゆっくりスイープしていくと、500Hzしか動かしていないのにK2NGのCQ ASIAが聞こえるではないですか。そのときは何も考えずに、アンテナを南西(国内用)から北東(NA用)へ回転させたのですが、599の信号が569に落ちてしまいました。それで、冬のこの時間帯はロングパスだということを思い出して、アンテナを南南西に向けました。
そして、TS890のスイッチを入れて7.000.50MHzにダイヤルを合わせるとK2NGの信号が599で聞こえてきます。コールすると1回で応答があり、599のレポートをもらいました。
その500Hz上でW2MVがJAと交信しています。Alanとは15mと20mで交信していますが、40mでは初めてです。彼の信号は559くらいで入感していました。前回の交信で、Alanは1kWのリニアアンプを使っていることを知っていたので、交信するのはちょっと厳しいかと思いつつコールしました。やはり、100W出力の信号はコピーするのが難しいらしく、2回ほどコールサインを聞かれましたが、なんとかフルコピーしてもらい、3バンド交信のお礼を言うことが出来ました。

8時からFISTSのNETを行いましたが、1エリアのメンバーの信号よりも、EUからの信号の方が強かったりしました。
もうしばらくは冬のコンディション絶頂期でしょう。この時期なりのコンディションを楽しみたいと思います。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL