FC2ブログ

KN990A ファームウェア改修

ファームウェアがアップグレードされました。
アップグレードの前に、KN990Aの設定をUSBメモリにバックアップしておきます。
リグの裏面にあるUSB2にUSBメモリを差し込み、メモリーが認識されるのを待ちます。
リグのメニューからSETTING>SYSTEM>CONFIG>Export to USB Diskと進み、USBメモリのルートディレクトリに「config.Rtf」を書き出します。

次に、USBケーブルを使ってKN990AとPCを接続したのですが、私のPCにはCH340ドライバがインストールされていないので、南京恒マイクロエレクトロニクス株式会社のHPへ行き、CH341SER. ZIPをダウンロードしてインストールしました。
その結果、KN990Aはシリアルポート3番で接続したので、バージョンアッププログラムのCOM:をCOM3に指定すると赤い四角が緑に変わりました。そして、Startボタンをクリックするとバージョンアップ作業が始まります。

ConfigUPgrade.jpg

更新が終わると自動的に無線機が再起動し、強制的にUSBメモリのルートディレクトリに設定を読みに行き、更新は終了します。
このバージョンアップにより、S=9+60dBというスーパーローカル局のオンエアで、バンドがブラックアウトする現象はなくなりました。
また、近接S=9+40dB程度の信号による復調の困難さはかなり改善されました。
実戦投入しなければはっきり言えませんが、これで相当使える無線機になったのではないでしょうか。
ニューイヤーパーティーが楽しみですね。受信で使える目処が立てば、早ければオール宮城コンテストで使ってみたいです。もっとも、それまでに免許されればの話ですが。

PCとKN990Aが接続されたので、CATを利用できるようにします。
KN990AのCATプロトコルはFT817と互換性があります。それで、Logger32のradio2の設定をFT817,ボーレート38400にして、表示をKN990Aにしました。これにより、Logger32でKN990Aが格段に使いやすくなります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL