FC2ブログ

ND6T/QRP

昨夜、22時近くに7MHzを聞いていると、7.012MHzでCQを出しているWの局がいた。
お盆休み中で地上は夏真っ盛りだが、お空の上は秋の気配が感じられるようになってきた。
CQを出している局はND6T/QRPと打電していたので、急いでK2のスイッチを入れてDonのCQに応答することにした。
しかし、電源スイッチをオンしたばかりなので、K2はQRHをおこしてしまう。それで、1度目のCQは見送り、2度目のCQに応答した。
Donはカルフォルニアから559の信号を送り込んでくる。無線機の出力は5Wで、アンテナはワイヤーアンテナのようだ。
K2から出した5Wの電波は569でカルフォルニアニ届いていた。
交信が終わってからQRZ.COMでDonのHPを見てみると、μBITXというトランシーバーを使っており、キットなどのプロジェクトに関わっているようだ。作ってみたいのだが、作りかけのキットがいくつかあるので、そちらを形にする方が先だろう。

コメント

はじめまして

こんにちは。

わたしは和文に挫折してしばらくオンエアーしていませんでした。

先程ダイポールアンテナをメンテナンスして久しぶりに無線機をつけると、7.027で貴局がオンエアーしているのが聞こえました。

質問なのですが、CQの後につけているFTPとはどういう意味なのでしょうか?

練習音源でなく、久しぶりに生きたモールス符号を聞きました。

No title

こんばんは。
今日からJARL QRPクラブ主催の第2回 FT-817(ND)、FT-818NDユーザーQSOパーティが行われています。
このQSOパーティーに参加している局がCQ FTPを出しています。
詳しくは
http://www.jaqrp.org/modules/Contents/data/24/2020_FT817_QSO_Party.pdf
ここをご覧ください。

和文は退職してからの楽しみにとってあります。ずいぶん先の話だと思っていましたが、その足音が微かに聞こえるようになりました。

お答えをありがとうございます。
JARLには入っていないので知りませんでした。

私はA1クラブでCWを教えてもらったものの挫折していましたが、和文は無理ですが受信練習をしてダイポールのメンテナンスをしたので、再デビューです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL