fc2ブログ

200Wリニアアンプ審査終了

200Wアンプの審査が終了しました。

HLA305V.jpg

今回の変更届は「QRP機に100Wリニアアンプを付けて免許されていた第○送信機のリニアアンプを200Wアンプに交換する」というものでした。
最初は工事設計書の第○送信機の終段を書き替えて申請しただけでしたが、さすがに総合通信局から変更内容について問い合わせが来たので、総合通信局のアマチュア無線担当へ電話連絡しました。その中で、「QRP機に100Wリニアアンプを付けて免許されていた第○送信機のリニアアンプを200Wアンプに交換する」ということを説明したら、送信機系統図を送ってくださいと言われたので、アンプを200Wにした送信機系統図を追加で送りました。この時点で、今回の変更届は受理されそうだという感触はありました。というのも、500Wや1kWのアンプを交換する場合も、今回のような変更届で免許されるようになったからです。審査は3週間かからず終了。これで、既に免許されていた200Wを実質的にも運用できます。なお、免許状の記載事項に変更はないので、新たな免許状の発行はありません。この辺りは地方ごとに違うのかもしれません。軽微な変更として処理されるようになり、助かりました。変更届なので「審査終了」まで待つ必要はありませんが、今回は保証認定された送信機のリニアアンプを交換するという初めての経験だったので、「審査終了」まで待ってみました。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: HLA-305VのSSB

コメントありがとうございます。
実はHLA-305VはCWでしか使ったことがありません。
SSBはしばらく出たことがなくて、マイクはしまってあります。
たまにローカル相手にV/UのFMでしゃべるくらいになっています。お役に立てず、ごめんなさい。
症状からすると電源への回り込みのような気がしますが、コモンモードフィルターなどの対策はなされているのでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL