FC2ブログ

TS890の遠隔操作

汎用ソフトでシステムを組み上げる自信がなかったので、専用ソフトがあるTS890を選んだというのが購入の動機の1つです。

「遠隔操作」運用ガイドによると
「TS-890 シリーズは、ラジオコントロールプログラムARCP-890 とKENWOOD NETWORK COMMAND
SYSTEM(KNS)を使用することにより、LAN およびインターネット経由の遠隔操作が可能です。
遠隔操作にはいくつかの運用スタイルがあります。本資料ではそれぞれの特徴、システムの組み方、設定
方法等について、詳しく説明していきます。」
となっています。

いくつかの運用スタイルの中で、システムの組み方が一番易しい(と思われる)家庭内専用線(LAN)による遠隔操作システムを構築することにしました。
と言ってもたいしたことはなく、説明書の通りにすればあっけなく設定できました。そして、PCからCWの音が聞こえたときはうれしかったですね。

昨日から夏休みに入ったのですが、あいにくシャックにはエアコンがありません。今まではエアコンで冷えている居間に通じるドアを開けて部屋を涼しくしていたのですが、昨年から猫を飼い始めたので、ドアを開けっ放しにできません。それで、暑いシャックにいるのが嫌なので遠隔操作でTS890を運用できるように総通に変更届を出しました。有難いことに「遠隔操作」運用ガイドに変更届の書き方などが掲載されています。それを参考にして、変更届をすることができました。

ところが、
ARCP-890というソフトなのですが、昨日久しぶりに使ってみたらこういうエラーが出てきました。
ARCP-890_Program1.jpg

先日まで調子よかったのに、何でしょうか。
それで、ツールー設定をクリック。
ARCP-890_Program2.jpg

KNS-設定をクリック。
そうすると、PCのIPアドレスが空欄になっています。
ARCP-890_Program3.jpg

三角マークをクリックするとPCのアドレスが出てきたので、それをクリックしました。
ARCP-890_Program4.jpg

OKをクリックするとこうなります。
ARCP-890_Program5.jpg

これで遠隔操作のソフトが使えるようになりました。
ARCP-890_Program6.jpg

やっかいなのは、毎回エラーが出るということではないのです。
久しぶりにやったら「KNSでTS890に接続できません。」というエラーが出てきてしまいました。
小一時間はPCと格闘したので、備忘録として残しておきます。






コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL