FC2ブログ

令和で再免許

フジテレビが4月30日に元号またぎで放送した特番「FNN報道スペシャル 平成の“大晦日”令和につなぐテレビ」で総合司会を務めたタモリは「西暦というものが、ずっと続く本のページ数だとすれば、元号というのは日本だけが持っている『章』。その章があるから時代の切り替えができますよね」と自身の考えを述べたそうだ。
西暦と元号の特徴を端的に言い表していて感心した。
どちらも上手に使っていきたい。

さて、無線局の免許状は元号を使っているが、これは西暦の方がわかりやすい。
平成を令和に換算する必要が出てくるのだ。
これが案外面倒だが、平成31年が令和元年(1年)だから、昭和64年=平成元年よりは計算しやすいか。
しかし、換算しないですむのなら、換算しないほうがわかりやすい。
それで、今年の秋に有効期限が切れる社団局の再免許を、令和になるのを待ってから申請した。
2019YTQ再免許
これで、わかりやすい免許状が来るだろう。
でも、平成のうちに再免許を申請すれば、免許の年月日は平成で、有効期間は令和となるから、そちらの方が面白かったかも。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL