FC2ブログ

A1CLUB QSO PARTY

令和になって1局目は、30mでJN1GLB/6宮古島移動との交信でした。
こちらのアンテナがATU+LWと貧弱なので、かなり弱かったのですが、なんとか交信できました。
初の宮古島市でした。自分では宮古島へ移動運用したのですが、宮古島のアマチュア局とは交信したことがなかったのです。
次の交信は8J1ITUでした。これも599BKであっという間に終了。
ラバスタでもいいから交信したいと思ってダイヤルを回すと、15mでVK8NSBのCQを見つけて応答しました。
DarwinのStuartと令和になって初めて599BK以外の交信が成立しました。
しかし、その後はTO19A Reunion Islandや国内移動局との交信が続き、1日目はわずかに1局で終わってしまいました。

2日目の今日は積極的にCQを出しました。
17mはバンドがオープンしていないにもかかわらず、1エリアの局が応答してくれたので、レポート交換のみで交信終了。
その後、30mや20m、40mでラバスタ+αの交信を楽しむことができました。
特に7003 kHzでK1を使って交信したときは、天気の話やリグの話をすることができました。
CQも遅めに打っていたら、12WPMくらいのゆっくりした符号で応答があり、A1CLUBのあるメンバーと初交信できました。
最近では、7003 kHzが一番ゆっくり話せる周波数かもしれないですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL