FC2ブログ

TS890のRFGAIN

ログブックの付録につられて購入したCQ誌。
JA1RPKによるTS890のセカンドインプレッションが載っていた。
その中で「静かな受信機の設定」という小見出しがあり、これが目から鱗が落ちるというか、なるほどという内容だった。

それは、TS-890のRF GAINを絞っても感度の低下がないということだ。
例えば、S/N 10dB感度のアンテナ入力レベルは14.1MHz CW BW 500Hz AGC ONの場合、プリアンプOFFではRF GAINは5まで絞っても感度は変わらない。つまり、感度を落とさずに外来ノイズだけでなく、セットノイズ全体を落とすことができるのだ。
そして、もっとびっくりしたのはAF GAINを増やしてもヒスノイズが増えないのだ。つまり、ノイズを増やさずに音量を増やすことができるということだ。

RF GAINを絞ればAF GAINを増やして微弱信号を聞くことになるが、上記の特徴を持つTS890はかなり静かな受信環境を作ることができる。
20190330TS890GAIN.jpg
このあたりがホームポジションになる可能性が高い。
Sメーターは9まで振ってしまうが、感度は変わらずに静かな受信機が出現する。
RF/AF GAINはその時のバンドコンディションによって微妙に調整しなければならないだろうが、うまく調整するとK2よりも静かなトランシーバーになるのがTS890だ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL