FC2ブログ

HT-1A 製作その2

その2というか、完成編です。
送信部の3つのコイルが1番の難関でしょうか。
コイルを巻いてから、エナメルをはがすのを忘れてはいけません。
DSCN1056.jpg
DSCN1057.jpg

ファイナルを取り付けますが、まだハンダ付けはしません。
DSCN1061.jpg

ディスプレイボードを取り付けます。
LEDは送信インジケーターです。
DSCN1063.jpg

AF用のボリュームを取り付けます。
LEDはLEDはAGC用で、信号の大きさに合わせて光ります。
DSCN1064.jpg

一通りできたので、調整します。
調整は受信部だけで、送信部は必要ありません。
受信部も2つのコイルと1つのTCを回して最大感度にするだけです。
DSCN1066.jpg

シャックのQRPリグです。
KX3は重ねられませんでした。実際にはHT-1Aの上にアンプ内蔵スピーカーがあり、そこから音を出しています。
DSCN1067.jpg

今回トラブルが1つありました。
同調用エンコーダーをクリックすると、周波数ステップが1kHz→100Hz→10Hz→100kHzのように変わっていくはずなのですが、
クリックしても周波数ステップは変わらずに、VFO/RIT/XIT切り替えスイッチと同じような動作をしました。
こういう時は、たいていの場合イモはんだだったりするのですが、今回は違いました。
ディスプレイボード上のMCUに半田ブリッジがありました。
IMG_1456.jpg
ディスプレイボードは完成品なので盲点でした。
半田ブリッジを直すと、ちゃんと動いてくれました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL