QSLカード発注

QSL20170708.jpg
手持ちのQSLカードがなくなりそうだったので、印刷通販プリントパックにQSLカードを1000枚発注しました。

サイズ 100×148mm 用紙 光沢紙(ホワイトアートポスト) 厚み 厚め(220kg)で1000円クーポンを使って送料を含めて1280円でした。1枚あたり1.28円と破格です。クーポンを使わなくても1枚あたり2.28円ですから白紙カードよりも安いかもしれません。
筆記性が劣るために裏面にデータをインクジェットプリンターで印刷した時に、乾きにくいのが失敗したところです。100円位高くなりますが、表ミラーで裏が上質紙にすれば良かったと反省しています。

当初はコールサインだけのシンプルなデザインでQSLカードを印刷している会社に発注しようと考えていたのですが、そこよりもずっと安く写真のカードが印刷できるので一般的な印刷会社を選びました。

コメント

No title

QSLカード新しく発注なされたのですね。アクティブにQSOなされていれば、あっと言う間に捌けますからね…。そうですか…。インクジェットで印刷した際、印刷液が乾きにくいのが欠点との事で…。(・_・;)まぁ各印刷会社さんの方針もありますからね。自分の思った様にいかない事多々ある事は十分に承知していますよ。当局もO印刷さんのカラーQSL3種類ありますが、余程の方でない限り発行していませんね。σ(^_^;)今は移動運用とそれとHF帯でCWやるとなると、カラーカードだと直ぐに捌けてしまうし、再発注となるとまた経費が掛かりますので…。若かりし頃、元職で官制ハガキ仕様の規格サイズの上質紙3,000枚位あったので、それでQSLの発行バンバンやりました。Sugiさんの処にも当局の何枚か行っていると思いますが…。当局もコストパフォーマンスも含めて色々とやっていますね。だからってカラーQSLがダメとは言ってはいませんので、余程日頃からお世話に成っている方とかそういう局に特別に発行する様にしています。今、発行している上質紙も今みたいにインクジェット式対応ではないので、紙自体が滲み出ないか、やはり気になりますよ。後、例えばQSLの意匠つまりデザインですね。これも自分で制作するならコストパフォーマンスは「0円」でしょうけど、印刷屋さんに頼むと原稿の校正とかなんやらで
倍以上に掛かりますからね。(^o^;)後、各々の局の好きな書体もあるでしょ。色々とあれやこれや考えたらキリがありませんからね。(^o^;)
当局のQSLカードの場合、Sugiさんもご存知でしょうけど、英文と算用数字は、明朝体。日本語表記は、正楷書体にしています。交信記入欄は、全てゴシック体に統一ですね。後、イラストはお馴染みの伊達政宗公の騎馬像と縦振れ電鍵のシルエットです。それと一昨年からな、名前と住所の漢字表記の上に小さくルビでふりがなを付ける事にしました。そこまで拘る必要はありませんが…。QSLカードの表側は『そのアマチュア局の体を表す』事にも繋がりますので…。自己満足の世界になってしまいますが…。まぁこの辺は各局皆さん、色々と苦心はされていらっしゃる様ですね。(^-^)/今は上質紙の紙自体も500枚を切ったので、次をどうするか迷っていますね。(^_^;)

No title

紙質はいくつかある中から選べるようです。
私は最低価格に目がくらんでしまい、ちょっと失敗してしまいました。でも、プリントパックに注文する前はJARLニュースに掲載されている格安QSLを注文するつもりだったのですが、その紙質が今回と似たような感じです。
表ミラーで裏が上質紙という選択肢があることに後で気付き、次回はそうするつもりです。1000枚注文して、100円、200円の差しかありませんから。

No title

そうですか…。この辺はやはり慎重に吟味する事も必要かと思います。当局も以前は印刷のフルカード使っていましたが、前出でお話しした通り、白の上質紙の紙で印刷しています。コールサインの転送枠も自分で作成しました。サンプルのQSLカードを元に上からmm転送枠の間隔もmmこれ結構時間は掛かりましたね。で以ってレイアウト、当初はハムログのも使おうかと思ったのですが、今一つ気に入らなかったので、全部オリジナルでのレイアウトにしました。しかもパソコンのExcelで作りました。何せへそ曲がりの性格ですから、「人と同じなもののデザイン作りたくない」って言う性格なもんですので…。f^_^;その代わり色彩は、黒一色にしましたね。当局の白黒コールサインの書体は、Angsana Newと言う書体になります。これ開局仕立ての頃に一度使った事ありますが、書体がややいびつな感じのでした。あの当時は印刷屋さんに頼んで、1枚1円でしたね。3,000枚お願いしましたが、あっと言う間に捌けてしまいました。今は当局のパソコンの中その書体が入っていますが、さすがに書体の名前だけは知りませんでしたね。交信欄の記入も現在はパソコン文字にしてしまっています。
ホントは手書きで書くのがベストですが、たくさんのQSL発行となるとついつい文明の利器のお世話になってしまいますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL