免許状が届く

移動しない局の変更申請が免許されました。
Menkyo0131.jpg
これでTS520や自作のトランシーバー、送信機などが新スプリアス基準で免許されたことになります。
TSSにわざわざ3000円も出すのはなんだかな~と思いますが、JARDは1台単位でお金を取るので、9台も変更申請したらお財布が空になります。有り難いTSSで保証認定を受けました。

今までと違ったところは、TSSから保証認定をしますという通知が来ませんでした。それから、移動しない局なのにシールが入っていました。私は返信用封筒に書かなかったのですが、封筒の左下隅に小さく9枚と書いてあります。誰が書いたのでしょうか?

コメント

新スプリアス対策!

Sugiさん。新スプリアスへの対策、無事に対策完了なされた様でホッとされた事でしょう。(-。-;)確かに登録台数から新スプリアス対策を取るのに「どっちか良いか」の場面に遭遇したら、経費的に安く済む方を執るでしょうね。ご最もだと思います。(^-^)/
それからTSSから「保証認定する」旨の通知がなかった…。「移動しない局」なのにシールが入っていた…。シールの希望枚数Sugiさんの方のウッカリ記載漏れだったのか如何か…。その辺は何となく、トトツーツートトですね。???当局も相当以前、TSSで保証認定取った際、そんな事1回ありましたね…。未だに謎のままです。σ(^_^;)これでSugiさんの方は全て新スプリアス対策終了でしょうか…。当局も以前から貴局にも仰っていた通り、2月1日にJARDから正式に書面にて「スプリアス確認通知書」が届きました。1月4日に総通の陸上課に直接赴いて、先ず登録台数を9台から5台へ集約削減(見做し登録台数4台を撤去届)をし、総通からの正式受理通知後の翌1月20日にJARDへ「スプリアス確認保証願」と「確認強化届出書」を提出。併せて必要はありませんでしたが、総通に集約届出した日の控えの局免のコピーと「総通からの届出正式受理通知した旨」の添え状も一緒につけて、JARDへお送りしました。JARD側も少ない人数で遣り繰りしている様ですし、照合作業がスピーディーに出来る様にとのちょっとした心遣いです。その効果があったのか、1週間後の1月29日に総通へ届け出完了し、2月1日に郵送で無事に届出完了の旨の書面が来たという段どりでした。意外と速かったですね。もっと掛かるかと思っていましたが、そそくさとやって1ヶ月で対策終了してしまいました。移動運用開始する前までは何とかしたいと思っていましたが、あっさりと対策が終了してホッと一息です。今度は周囲の局で申請の仕方が分からないとか書類の書き方いまいち分からない局も存在していますので、経験を活かして今後は、同じハム仲間の好みとして、少しでも救済指導対策のお手伝いに乗り出したいと思います。色んな意味でこの問題、ハムにとっては転換点になりそうな気配ですね。(^-^)/

No title

とりあえず、一番必要なリグは新スプリアス基準で登録できたので、一安心です。この問題は、ハムライフをどうするか考えさせられます。Ackeeさんも無事に終了して良かったですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL