ハムフェア その2

INDONESIA.jpg
ブースを覗いてくれたインドネシア無線連盟の役員さんにもらいました。

XW4XRのQSLマネージャーであるE21EICがハムフェアに来るということを知り、21日(水)にメールしたら、次の日に彼から「もう日本にいるからQSLは渡せないが、あなたのQSLは受け取るから私を訪ねて欲しい。」という趣旨の返信がありました。ちょうどFISTSのメンバーE21AOY/Waraさんが来場していたので、彼にタイのアマチュア無線連盟のブースまで案内してもらい、E21EICに紹介してもらいました。あいにく、手元にドルを用意していなかったので、日本円を渡そうとしたら「必要ない。タイに帰ったらQSLを発送するから待っていてくれ。」と言われました。ありがたいことです。

FISTSの正式名称は The International Morse Preservation Society (国際モールス保存協会)なので、ブースを訪れる人はJAに限らず、DXのお客さんも時々います。地球規模の活動をしていることが、日本にいくつかある似たような電信倶楽部との違いと考えています。

中学生の時にBCLが流行りました。聞いていたのは海外の放送です。当時は結構日本語放送があり、EUからのフェージングを伴う放送を聞きながら、受信報告書を書いたものです。電波は世界を駆けめぐるということを、理屈抜きで感じました。

そんな経験があるので、短波を使っての国内QSOしか興味がないというのはどうかと思います。
もちろん他人様の興味、関心についてどうこう言うべきではありませんが、短波を使う者は自分が世界とつながっているということを意識する必要があるべきです。今の無線従事者試験にあるかどうか知りませんが、私が受験したときには1アマ、2アマの試験科目に国際関係法規がありました。短波は自分が意図している、いないに関わらず、世界に電波が飛んでいきます。だから、国際関係法規を勉強しておく必要があったのです。

話が広がってしまいましたが、アマチュア無線は仲間内だけで楽しむのではなく、地球規模で楽しみたいですね。

有意義だったハムフェア その1

あっという間に2日間が終わってしまいました。
終わってみると、有意義な時間だったように思います。
どのように有意義だったかというと、国際モールス保存協会(FISTS)の宣伝ができたり、初心者に電信の良さをアピール出来たように思います。そして、CWをやってみたいな~と思っている人の背中を、ちょっとだけ押すことができたように感じました。

なぜそう感じたかというと、昨年までよりも、こちらの説明を真剣に聞いてくれる人が増えたからです。
クラブ説明用のチラシは200部配りました。この数は昨年より若干少ないものの、ほぼ同数です。
配ったチラシの数は同じでも、足を止めてくれる人が増えました。
ブースの前を通る人は、このクラブは何をするクラブかな?と思うようです。
確かにFISTS EAST ASIA という看板だけではわかりませんね。来年は、日本語表示も必要でしょう。

活躍したのは、展示していた小物類。
Key,キーヤー、アンテナ、自作2.4Gトランシーバー、KX1,KX3といったリグ等が通り過ぎていく人の目にとまったようです。
2013HamFair1(640x480).jpg

2013HamFair2(640x480).jpg
いいですね~

2013HamFair3(640x480).jpg
近い将来ばりばりのCWマンになりそうな予感。

2013HamFair4(640x480).jpg
会場内の特別局のV/UではYLやYMが運用していました。ただし、電話だったようですが・・・・・

店番をやってくれたメンバー局、ドネーションを送ってくれたメンバー局、そして、つたない説明を一生懸命聞いてくれた入場者の皆さん、ありがとうございました。


 

ハムフェアへ行きます

明日からハムフェアですね。
出展する人は準備で今日会場に行っています。
でも、私は仕事の都合で明朝一番の新幹線で東京へ向かいます。
FISTS EAST ASIA(J-21)というブースに2日間いるので、たくさんの人とアイボール出来たらいいと思います。
会場で会いましょう。

ALL JA結果発表

結果が発表されました。
2013ALLJA.jpg
2010年には100Wで363*52=18876と今年より少し多い点数でした。
今年は5Wでこの点数ですから、がんばったといえるでしょう。
12時になったらQRTし、翌朝6時の開始。終了間際に数局と交信しましたが、7時にはもう夕食を食べていました。
健全なコンテスターですね。家族とのマッチングも大切です。

今年から、コンテストでのQSLカードは発行しませんので、悪しからず。
必要な方はダイレクトでお願いします。
来年の4月以降、カードはLoTWとe-QSL、そしてダイレクトだけになるかもしれません。「ライフメンバー」ですから。

KX3戻る

今日、ELECRAFTから戻りました。
IMG_1184 (640x480)
3日に送って19日に戻ってきたので、わずか16日で直ったKX3を手にすることができました。

IMG_1186 (640x480)
修理記録には
Replaced Bad Flex Cable
とありました。
KFXL3を改造したときに、どこかを痛めてしまったのでしょうか。
質問があればサポートに連絡すればいいので、ちょっと聞いてみたい気がします。

MP1を車載で使う

以前から、MP1を車載で使えないか考えていました。
もちろん走行中ではなく、停車中にです。
それで、これがあればいいのかなと思い至り、購入しました。

IMG_1173MPMP (480x640)
MP-MPコネクタです。

MP1を接続する基台を分解します。
IMG_1174mount (640x480)
今回はFT817に直付けするときの基台を利用しました。

IMG_1175mount2 (640x480)
分解した基台の一部とMP-MPコネクタを接続します。
これを車のアンテナ基台に取り付けます。

IMG_1176Kidai (480x640)
ここにMP1を取り付けます。

IMG_1177Aqua (480x640)
これで、車からQRVすることができます。
建物に近いのでSWRは落ちて1.5くらいでした。河原のような場所へ行けば、しっかりSWRは落ちると思います。

MP1は移動運用に使い勝手のいいアンテナですが、これでまた1つ使える形態が増えました。
3.11では自宅のタワーは無傷でしたが、状況によっては自宅のアンテナが使い物にならない可能性もあります。
そんなとき、車でロケーションのいいところに移動すれば、結構交信出来ます。自宅のある団地は太平洋が見下ろせるロケーションなので、少しでも車を自宅から移動することができれば、いざというときに役に立てるでしょう。

K2 100W化 その1

重い腰を上げて、K2の100Wアンプの組み立てを始めました。

今はHL100BDXというリニアアンプを使っているので、QSKで交信する必要がなければ100Wアンプを作る必要はありません。でも、QSKでCWを運用出来るのであればそれにこしたことはありません。また、HL100BDXはKX3等にも使えますから、K2を100W化する意味はあります。

とはいっても、国内QSOではリニアアンプを使うことは少ないですし、DXでもまずはアンプなしで交信してみようとチャレンジしてしまいます。まあ、キットが手元にあるのでやってみるか~という感じです。

KPA100buhinwake.jpg
まずは、CRなどを分類して、発泡スチロールに刺しました。
これで、部品を見つけやすくなります。
欠品はコンデンサ1つ、RFCのインダクタは正確でしたが、容量が小さなものが2本でした。たいしたことがないので、仙台市内のパーツ屋さんで購入しておきます。
これから基盤に半田付けしていきますが、甲子園の試合があるので、しばらく休憩です。

振動スピーカー

昨日、今日と吹く風に微かに秋の気配を感じます。
昨夜は気温が下がったので、ずいぶん寝やすかったです。
DXは17mでJTと5Wで交信出来ました。100Wですが、GJやJWなどのヨーロッパとも交信出来ました。アフリカもオープンしていましたね。お空も秋の気配が漂ってきたのでしょうか。今日はAインデックスが高いので、コンディションは今ひとつのようですが。

さて、CRK-10に繋いでいたスピーカーはかみさんにあげてしまったので、しばらくイヤフォンで聞いていました。
でも、やっぱり外部スピーカーで気楽に聞きたいので、外部スピーカーを買いに行きました。1000円以下の廉価版を探しに行ったのですが、1980円で振動スピーカーが売っていたので、興味がでて買ってしまいました。

BDVS02.jpg
直径5cm、高さ6cmの円柱ですが、これを床や机に置くと結構音が出てきます。円柱の底面が振動していて、机が音を拡大している感じです。こんな物で音が出るのですね。おもしろいです。

新しい移動用アンテナ

モービルホイップのお手軽運用もいいのですし、釣り竿を利用したVCH(オフセンターフェッド)もいいのですが、そろそろフルサイズのアンテナで運用したくなりました。
それで、アルミポール(DIAMOND AM600)を手に入れて、フルサイズのインバーテッドVを作ることにしました。

IMG_1159kasennjiki (640x480)
日中は暑いので、早朝に名取川の河川敷で調整しました。まずは10MHzから。

IMG_1158chouseimae (640x480)
共振周波数がちょっと低すぎです。
日が高くなってきたので、この日はこれでおしまい。

IMG_1167 (640x480)
2日目は自宅の庭で調整しました。
ギボシを使って、7MHzと10MHzの2バンドIVにしてみました。

IMG_1168_30m (640x480)
10MHzのSWR

IMG_1169_40m (640x480)
7MHzのSWR

どちらもSWRの底が1.5と高いのですが、河原と違って障害物が多いのでその影響を受けているのでしょう。とりあえずこれで切り上げて、後は実践投入して微調整することにします。

QRP SPRINT 1位でした

HamFair007 (431x640)
実は、1位でした。
7MHzだけではなく、21MHzQRPp部門にもエントリーしていたことをすっかり忘れていました。
このコンテストは、2つの部門にエントリーすることが可能でした。
Esが発生しないと0.5Wでは交信は難しいですが、弱いながらもEsのおかげで、12局と交信していました。

Ham008 (432x640)
こちらは、激戦の7MHzQRP部門の賞状です。
交信して頂いた各局、主催者の皆さん、ありがとうございました。


第5回感度テスト

IMG_1156 (640x480)
まだ太陽は雲の向こう。予定していた太陽電池は使いませんでした。

直前に掲示板で7024.5kHzの運用になったことを知り、Key局を待ちかまえていました。
6時の段階でKey局の信号は219で、存在が分かる程度でした。
そして、6:30くらいになると339くらいに上がってきたので呼んだら何とか交信が成立しました。
その後もKey局の信号はだんだん強くなり、7時頃には589までになりました。

当局の運用情報
QTH:名取市 QM08KE 名取二中付近
リグ:FT857DM
出力:50W
電源:サブバッテリー 
アンテナ:モービルホイップ

IMG_1157 (640x480)

Elecraft Service Department より

KX3が到着したというメールが来ました。

Our goal is to get your working KX3 back to you just as soon as possible.

なんか、調子がいいフレーズです。
この通りやってくれると嬉しいですね。

KX3BackToElecraft1.jpg
8月3日に発送して、7日にエレクラフトで受領しています。速いものです。