FC2ブログ

連夜のカリブ海

カリブ海方面のコンディションが抜群にいいです。
昨夜はジャマイカ、今晩はキューバのアマチュアと交信しました。
ジャマイカの信号は599+20dBでした!

CQ WW CW

所々参加しました。
21MHzと28MHzです。
合わせて100局くらいになりました。

ログは21MHzだけ出しました。
FY(French Guiana)がニューでした。

コンディションはかなり良かったです。
今晩はその名残か、6Yが+20dBで入感していました。

8J1MORSE/7 寒河江市移動

寒河江市へローカルと一緒に移動運用してきました。
7~18MHzにQRVしました。
7と10MHzではけっこうなパイルになりました。
交信していただいたみなさん、ありがとうございました。

DSC_0016.jpg

DSC_0018.jpg
車の背景に微かに見えるのが、鳥海山です。
雪が降っているような感じでした。

8J1MORSE/7 15mバンド

木、金、土曜日と日がたつにつれて40mバンドのコンディションが悪くなってきました。
おまけに土曜日はOTHレーダーのQRMがあり、ヨーロッパ各局との交信が難しかったです。
この日はわずかにハンガリー、ウクライナ、スロベニア、ロシア(ヨーロッパの)くらいでした。

17mバンドにQSYしましたが、それほどオープンしておらず、1局交信しただけで、40mにもどってA1クラブのOAMに参加することにしました。
AkiさんがOPでした。
OAMに無事チェックインすることが出来たので、午前中の15mバンドにQRVすることにしました。

CWオンリーだというAC5Kと交信した後、Yoshiさんと交信できました。
YoshiさんがクラスターにUPしてくれたおかげで、その後は北米を中心に南米からも呼ばれ続けました。
名前は必ず交換しようと考えていましたが、Wのアマチュア無線局はRSTの次ぎにQTH(CAとかTXとか州の略語が多い)を送り、最後に名前というパターンなので、私もQTHと名前を打電することが多くなりました。

QTHを打つとどうしても大震災のことや津波のことにも言及したくなります。
そうすると、海の向こうからはお悔やみの言葉やら励ましの言葉が返ってきて、大変ありがたく思いました。

中にはMORSEは良いね~という局もいたので、クラブで作った8J1MORSEのパンフレットを見ながら、
記念局について打電しました。

15mバンドで80局ほどと交信しましたが、中には個人コールでは交信していないPZ(Suriname)などからもコールしてもらい、特別局のコールサインの力を感じました。

8J1MORSE/7 on 7013.5kHz

今朝は3時半に起きて、7MHzでヨーロッパのアマチュア無線局相手に交信しました。
ヨーロッパロシアやウクライナの局を中心に、40局ほどと交信。
途中クラスターに載ったらしく、パイルアップになりました。
一息ついた頃を見計らって、OPを打電したり、QTHを打電しました。

ドイツ、ブルガリア、ルクセンブルクなどのアマチュア無線局と交信しましたが、
嬉しかったのはサウジアラビアのアマチュア無線局から呼ばれたことです。
交信後によっぽど個人コールで交信しようと思いましたが、それはやめておきました。
(今確かめたら、個人コールでは21MHzCWで交信して、LoTWでQSLを受け取っていました)

QRPはウクライナの局1局でした。
彼は10Wでしたが。

今夜は北米向けに交信してみようと思います。

8J1MORSE/7 運用を始める

8J1MORSE/7の運用を始めました。

トップバッターはここから40kmくらい北の富谷町のOMでした。
2エリアから届いたIC706MK2Gを開梱して、リグの動作チェックを兼ねて40mバンドをワッチすると、
SSBでCQを出している局を見つけました。
とても良い音なので、ダイヤルを思わず止めてしまいました。
呼び出して交信を始めたのですが、使っているリグを聞いてびっくり。
自作のSSBジェネレーターをTS830につないでいるのだそうです。
音が良いわけです。

今回は自作の話をせず、もっぱら8J1MORSEのことを話題にしました。
モールスの生誕220年を記念するアマチュア無線局ですが、SSBの交信で始まるのも悪くないですね。

CW王座決定戦

縦振れで出るこのコンテストは楽しみにしていました。
しかし、昨夜飲み過ぎたせいか、体も頭も思うように働かず、2時間でギブアップしました。

交信局数77局。
ちょうど自分が電信級を取った年と同じでした。
ちなみに、昨年の交信局数は76局なので、ほぼ同じですね。

YA/LY1Y

YA_LY1Y1.jpg

1月にSAEで請求していたQSLが届きました。
アフガニスタンは初めてのCFMになります。
アフガニスタンはまだまだ大変なようですね。

これに刺激を受けて、未CFMをピックアップして、SAEの山を作りました。
返信用にIRCを買って、発送します。

オーディオフィルター付きスピーカー

KC380119.jpg
20年使ってきた外部スピーカーSP-31のフィルターを切り替えるスイッチがとうとう壊れてしまいました。
半年位前からHighカット1とHighカット2の接触不良が始まり、だましだまし使っていたのですが、ついにスイッチの役目を果たさなくなってしまいました。
それで、どうせSSBはほとんど運用しないので、常にフィルターが入っている状態で使うことにしました。

KC380118.jpg
基板の2カ所をカットし、スイッチの部分を半田付けしました。

これで、常にHighカット1とHighカット2のフィルターが働いていることになります。
まあ、CWメインなのでちょうど良いです。

K3につないでいる外部スピーカーはフィルターが入っていませんが、K3はAFの特性を自由にセットできるので、フィルターがなくても大丈夫です。