WPX CW

宇宙天気情報センター によると、磁気圏内が非常に荒れているそうです。
昨日は小規模なフレアが、今日は中規模なフレアが発生しました。
おかげで、コンディションが悪く、先週のようなコンディションを期待していたのにがっかりです。

14、21のハイバンドはヨーロッパに対してまるでカーテンがかかっているような感じで、呼んでも一発で応答がある場合が少なかったです。
ノイズが高いので、了解度は悪いですし。
土曜日の午前中、北米もパッとしませんでした。

一番効率よかったのは、夕方から夜にかけての北米でしょうか。
もっとも、これは私の設備によるところが大きいのだと思います。

さて、今朝はというと・・・
Wがほとんど聞こえません!
そんなわけで、ブログを書いています。

8J1MORSE

特別局が許可されました。
私も運用する予定です。

特別局について

特別局でALL ASIAコンテストに出てみたいですね。

QRP DX

最近14MHzは朝までヨーロッパにオープンしています。
今朝はウクライナの局が聞こえていたので、久しぶりに呼んでみる気持ちになりました。
QRZ?が2回返ってきました。
向こうの信号は559だったのでkW局なのかな~と思っていたら、K3の出力が5Wになっていました。
それでも、3回目にはこちらのコールサインをフルコピーしてくれて、559QSBというレポートをもらいました。
ヨーロッパのアマチュア局とQRPで交信するのは久しぶりでした。
コンディションは良くなったのですね。

もう少し下の方にウガンダのアマチュア局が聞こえました。
439くらいだったので出力を100Wにまで上げました。
それほど多くの局が呼んでいなかったので、呼び始めて5分くらいで交信できました。
Newでした!これで240WKDです。

Rock-Mite 40初交信

先日完成したロックマイト40で、初めて交信できました。
お相手は2エリアのA1クラブの方でした。

ダイレクトコンバーションなので混信があったりなんだりで、MARK-V Fieldで受信しながら運用周波数を確認しました。
純粋にRM40だけで交信したわけではなく、アシストありでした。

それでも599-579で無事に交信が成立しました。
弱い信号をピックアップしていただき、ありがとうございました。

来月はミズホ30周年記念があります。
今度はP-7DXで運用する予定です。

QRP Sprint

QRPのコンテストに参加しました。

21~50MHz部門は午前中でした。
ちょっと聞いてみたところ、バンドはオープンしていなかったので参加は見送りました。

1.9~14MHz部門は15:00~20:00JSTでしたので、16:00ころから18:00ころまで7MHzで参加しました。
3.5MHz帯はうちのアンテナだと5Wはけっこうきついのです。1.9MHzQRPはほとんど運用実績がありません。

最初の20局ほどはFT817を使いましたが、500Hzのメカニカルフィルターは帯域が広くてコンテストでは使いづらかったです。
4、500Hz離れた局がしっかり聞こえてしまうのです。
出来ればお気楽に運用したかったので、途中でリグをFT817からK3に替えました。

K3のフィルターは400Hzでしたが、混信はきれいになくなりました。
All JAのようなメジャーコンテストではないし、QRPの信号がほとんどなので250Hzのフィルターを使う必要はありませんでした。

全部で60局ほどと交信できました。
その中に、超レア局もあり、コンテストに参加してよかったです。

来月はミズホピコトランシーバー30周年記念QSOパーティーがあります。
P-7DXで参加する予定ですが、出来ればハイバンドがオープンしてピコ21やピコ6の出番があることを期待しています。

再び山形へ

今日は月山を通り越して鶴岡まで行きました。
鶴岡にある映画村をちょっとのぞいて、鶴岡市で移動運用しました。

風が強く、最近使っている7MHzロングホイップが基台ごとお辞儀してしまいました。
それで、以前使っていたマルチバンドのモービルホイップを引っ張り出してきました。

なんか聞こえ方が悪いし、もらうレポートも悪いです。
ダミーロードアンテナではないかと感じてしまうアンテナですね。

DSC_0119.jpg
湯殿山で遅い昼食をいただきました。

この後、寒河江SAで休憩を兼ねて移動運用しました。
今日は2カ所で40局ほどでした。 

3日の移動運用

3日は丸森町へ行きました。
アンテナを車にセットしたら、突然雨が降り出しました。
その程度であればもちろん運用しますが、雷まで鳴ってきたのには参りました。

そこで、丸森町を離れ北上。
岩沼市のいつもの場所へ行きました。
ここまでは雨が追ってこなかったので、お店を広げて運用を開始しました。
55局と交信。全て7MHzです。
クラスターに載っけてもらったようで、かなりのパイルになりました。

お腹が減った(飲みたくなったともいう)頃、MasaGさんに呼ばれ、撤収モードに切り替わりました。
何度か呼んでいただいたようなのですが、気がつきませんでした。
最後にGSYさんに呼んでいただいたところでお開きにしました。
5Wの信号はよく来ていました。

ALL JA

QRP5Wで参加しました。
電力節約のためです。

3.5MHzの5Wはけっこう辛いものがありました。
聞こえているのに呼んでも応答がないのです。
電離層に吸収されて、反射してこない感じです。

7MHzはそこそこ出来ました。
CQを出してランニングする時間もとれました。

14MHzは7MHzの次ぎに稼ぎ頭でした。
それでも30局です。

21MHzは強いオープンを期待していたのですが、はずれました。
28MHzのアンテナはないので運用せず。
50MHzではお馴染みのローカルさんが呼んできてくれました。

実は、コンテストが始まる直前まで1.9MHzがあると思いこんでいました。
アンテナを用意してワッチを始めたのですがTESTが聞こえなかったので、おかしいと思って規約を読むと3.5MHz以上ではありませんか。
大ボケです!

さて、マルチバンドにするか7MHzシングルにエントリーするか、それが問題です。

Rock-Mite 40完成

震災前にA1クラブのJA7FYF/Akiさんにお世話いただいたロックマイトが完成しました。

KC380088.jpg

なかなかはんだごてを握ろうという気分になれなかったのですが、やっとキットを組み立てる気持ちになりました。

380084.jpg

こんなふうに部品を分類しました。けっこうやっかいです。

KC380086.jpg

最初にチップICを半田付けして、その後ICソケットを半田付けします。

KC380087.jpg

次ぎに抵抗を半田付けします。
1本だけ背が高くなってしまいました。
この後、コンデンサ、RFC、ダイオードなどを半田付けしていきます。
そして、ケースに入れてできあがり。

ちょうどALL JAコンテストの真っ最中だったので、一度にたくさんの信号を受信できました。

EQP-1の改造ということで、EQP-1の基板とRock-Miteの基板を交換し、遅滞なく変更届を出すことにして、Rock-Mite 40で交信に挑戦してみます。