FC2ブログ

新しいQSLカード

半年前に作ったQSLカードが残り100枚程度になってしまったので、新たにQSLカードを作ることにしました。
前回はシンプルなカードにしました。元々カラーのカードを作るつもりだったのに、良い写真がなかったので簡素で安価なカードを作った経緯があります。

今回は良い写真が撮れたこともあり、豪華にカラーのカードを作ることにしました。
カード作成を頼んだ先はLZ3HIです。
3000枚で送料を含め166USD。PayPalで13500円。円高のおかげで安く印刷できます。
1枚あたり4.5円なのでカラー印刷としては格安だと思います。

メールによる数回のやり取りでデザインが決まり、印刷を頼みました。
表のデザインよりも、裏のレポート欄の方が手間取りました。
あとはカードが届くのを待つだけです。

FF-JK7UST.jpg

TS-590

IMG_3286.jpg

TS-590はバンドによって、ダウンコンバージョンのダブルスーパーになる場合と、アップコンバージョンのトリプルスーパーになる場合がある。
アップコンバージョンのトリプルスーパーで動作する18MHzでは、明らかに了解度はK3の方が良くなる。
1.8/3.5/7/14/21MHz帯のみダウンコンバージョンになるので、これらのバンドにおいてだけK3と勝負になる。

とりあえず現在のメインバンドである7MHzを聞いた感じだが、大変大雑把に言うと国内などの強い信号はTS-590の方が聞きやすい。カリブ海などからの弱い信号はK3の方が聞きやすい。

きわめて主観的なもので申し訳ないのだが、TS-590の音はK3に比べてしっとりしている。FT1000MP Fieldに近い音だ。ワッチしていても疲れにくい音だとでも言えばいいか。これはK3の不満点をうまく解消している。
しかし、弱い信号はK3の方が雑音からしっかり浮き上がって聞こえる。K3の方が了解度が上だ。

今後は、一斉に呼ばれた場合の了解度と、コンテストなどのQRMにどの程度絶えられるかを試してみたい。

いいんだか わるいんだか

FT450がお嫁に行きました。
そうしたら、今月号のCQ誌にFT450Dの広告が。
300Hz CWナローフィルターの搭載ですって。

7MHzで交信していると、500Hz以下の狭帯域フィルターが欲しい時があります。
と、WDXCに電話した時、メモリーがいっぱいで、FMを削ったりしないと難しいと言われました。

なんだ、やればできるではないですか。

PJ4D

昨日のこの時間に7MHzでPJ4Dと交信できました。
今朝は14,18,21MHzで狙っていましたが交信ならず。
なんかアンテナシステムの調子がはっきり出ているような気がします。
抜群の飛びを示した14/21MHz4エレHB9CVでしたが、タワートップのアンテナをRDPからHB9CVに替えると、飛びも受けも悪くなりました。そのかわり、7MHzHB9CVの飛びがいいので、交信できる可能性はどうしても7MHzになってしまいます。まあ、コンディションがよくなればハイバンドはどんなアンテナでも飛んでいくので何とかなるでしょう。
PJ2はコンテストでも交信できるから、今回は交信できなくてもいいかな。

罰が当たったか

未回収だった9H1ZAのQSLを請求したらコールサインがJK1USTとなっていました。
返信用封筒にもJK7USTと書いたのですが。
7年前のQSLを今頃請求したので、罰が当たったようです。
再請求しなければ。
これをCFMすればちょうど200になるのです。
9H1ZA.jpg

再び蔵王を走る

今日は代休。
紅葉の蔵王を走ってきました。仕事で行ったわけではないので、気持ちがよかったです。
新蕎麦を食べに行ったのですが、異常気象のために本来は10月1日から食べられる予定だった新蕎麦が、23日の蕎麦祭りからになっていました。
帰りに入った不忘の湯は蔵王高原の別荘地にあるのですが、知る人ぞ知るという感じの露天風呂で、私が行った時は誰も入浴していませんでした。すごくオープンな露天風呂で、人気のない別荘地だからなんとか入っていられる露天風呂です。源泉かけ流しで料金が300円とリーズナブル。温泉が湧いたところに上等な掘っ立て小屋を建てたと言えばイメージがわくでしょうか。

IMG_3262_convert_20101012160757.jpg
脱衣場から露天風呂へ出るところ。別荘はほとんど建っていない。

IMG_3260_convert_20101012160904.jpg
露天風呂の約半分。

往きだけAPRSをONしました。
白河や須賀川のデジピーターやI-Gateにアクセスしていたので、驚きました。
ZaoAPRS1.jpg

全市全郡コンテスト

仕事で木、金、土の3日間蔵王へ行ってきました。
そんなわけで1日目は眠くてしょうがなくて1局と交信して寝てしまいました。
その瞬間に入賞はなくなったので、後はオリンピック精神で、いつものコンステターとして参加しました。

7MHzCWで呼びにまわっていました。夕方QRTする前に少しCQを出しました。
K3の出力を5Wに絞って交信。
辺りが暗くなる頃100QSOを越え、QRPでは届きにくくなってきたのでQRTしました。

JK7U?ときたのでもう一度コールしたら、同時に全然別の局が2コールしていて、その局をピックアップした局がいたので参りました。そういうことをするから、下手なOPを増産していくのです。
「指定は守る、守らせる」

7MHzも秋のコンディション

40m1002.jpg
ハイバンド、特に18MHzのコンディションがとても良いですが、7MHzも良い感じになってきました。
しかし、0600JSTを過ぎるとEUの信号は弱くなってしまいました。まだ、本調子ではありませんね。