FC2ブログ

天童市移動

車を車庫から出したときには白石市か七ヶ宿町へ行くつもりでした。
仙台南インターから東北自動車道を南下するつもりでインターへ車を走らせました。
車の中で山形県内の高速道路が無料になっていることを思い出し、予定変更で山形へ行くことにしました。
山形へ行くので、仙台南ではなく、286号線を山形方面へ車を走らせ、川崎インターから高速道路を使いました。

山形北ICを過ぎるとその先はタダ。天童まで結構車が走っていました。タダになる前は、ほとんど車が走っていなかったのに、今日はそのときの5倍くらいの交通量があります。
天童IC近くの道ばたに陣取り、モービルホイップを車に取り付けました。
10MHzにQRVすると、ぼちぼち呼ばれて40局近くと交信できました。
FISTSのHozさんが呼んでくれて、プチチャットモードに。599BKの合間の一服の清涼剤でした。

お昼は天童市の「水車生そば」でざるそばを頂きました。
ここのおそば屋さんはおいしいです。天童へ行ったときには、是非食べてみると良いと思います。

そばを食べた後、7MHzにQRVしましたが、コンディションはすでに落ちていました。
1局交信しただけで、引き上げました。

DSPボード返送

今日、交換したK3のDSPボードをELECRAFTに返送しました。
返送しないと、$367払う羽目になるようです。

今回の改修は受信音に関係する部分でした。
CWの音が少しでも改善されれば良いという期待がありました。
劇的な変化はないにしても、幾分かの改善があれば嬉しいのですが、変化がいまひとつわかりません。

K3改造終了

まず、DSPボードを交換しました。

DSC_0027.jpg

K3のフロントパネルをはずし、フロントパネルからDSPボードを取り外しました。そして、ELECRAFTから送られてきた新しいDSPボードを取り付けました。
この新しいDSPボードは300Hz以下の周波数特性を受信、送信を問わず改善します。また、受信の4kHzをカットするLPFがついています。

次ぎに、シンセサイザーボードに金属板を取り付けました。
この金属板がないと、内蔵SPでCWを運用中に、サイドトーンから出てきた音が原因で送信している電波の近くに子どもが出てしまいます。
最近は外部SPかヘッドフォンを利用しており、内蔵SPから音を出す時はまれですが、かなり重大な欠陥のように感じますので、この際改修することにしました。

DSC_0028.jpg

DSC_0030.jpg

DSC_0031.jpg

IMG_3001.jpg

高調波や相互変調を10~30dB改善できるRFCを追加しました。
IMG_3004_convert_20100725101011.jpg

IMG_3006_convert_20100725101403.jpg

今回はチップ部品をなるべく使わない方法を選びましたが、シンセサイザーボードの振動対策をするためにチップ抵抗を1個交換する羽目になりました。これが結構たいへんでした。できればチップ部品の半田付けはやりたくないですね。

これらの対策は、新しいK3には施してあるそうです。
日本であればメーカーに故障修理の依頼に出したおりに、修理以外にもこっそり改修して送り返すというのが多いと思います。そのあたりがアメリカの企業はオープンであると感じます。
それから、こういう改修を楽しんでやるというのがキットづくりの楽しみのうちでもあります、hi。

改修後の交信で3局目がNaoさんでした。
でも、まだ改修の効果は実感していません。
いくらか良くなったのかな~




K3改造計画

ELECRAFTからK3の改修部品が届きました。

AF OutPut Mod
CW Rise Time Mod
KPA3 12V Sense Mod
Hardware AGC Threshold Mod
AUDIO LINE OUT MOD
DSP UPGRADE
Synth Stiffener

新しいK3は改修済みなので、必要はありません。
DSPボードの取り替えが一番大きな改造でしょうか。
この週末に手をつけられれば嬉しいです。

丸森町&仙台市若林区移動

昨日は宮城県南の丸森町へ行きました。
まず12mにQRV.CWで4局と交信。
コンディションは良さそうでしたが、なかなか呼ばれないので17mにQSY。
3エリア以西の局と10局ほど交信できました。
その後、30mにQSYしましたが、数局と交信したのみでQRTしました。

梅雨明けとなったこの日は、VHFのコンディションがよかったのか、Homeから丸森町までしっかりAPRS Mapに軌跡が残っていました。

今日は名取川の河口付近の堤防へ移動しました。
先日17mSSBでVQ9と交信できたところです。
昨日発生した小規模のフレアのためか、ハイバンドのコンディションがあまりよくありません。
それで、30mからスタートしました。
20局ほど交信してから40mにQSYすると、最初にJA3TYF/Hiroさんと交信できました。
HiroさんにA1クラブのQRVインフォメーションにUPしていただいたためか、次から次へと呼ばれ、お昼過ぎにQRTするまでに2バンド合わせて40局ほどと交信できました。

2日続けてのお手軽運用となりましたが、バッテリーは楽々と仕事をこなすことができました。

なかなか通関せず

K3_DSP_FMUSA.jpg
夏休みの工作用部品がまだ届きません。
税関で足止めを食っています。